マツダ「ファミリアバン」商品改良

マツダは2022年3月3日、使い勝手の良い室内空間・荷室と、優れた環境・安全性能を兼ね備えた「ファミリアバン」を一部商品改良し、燃費性能、加速性能、乗り心地などを向上させたハイブリッド搭載車を追加、同時にガソリンエンジン搭載車「GX」に、運転支援機能の追加とデザインの変更を行なった。ガソリンエンジン搭載車は同日から発売し、ハイブリッド搭載車は4月1日からの発売となっている。なおファミリアバンはトヨタ プロボックスのOEMモデル。

今回、新たに追加設定されたハイブリッド搭載車は、1.5Lエンジンとハイブリッド・システムを組み合わせており、エンジン出力は74ps/111Nmを発生。モーター出力は61ps/169Nmを発生する。ニッケル水素式バッテリーはリヤシートの下に設置されている。WLTCモード燃費は22.6km/L。

その他では、バックモニター内蔵自動防眩インナーミラーを採用。またフロントバンパーコーナー部とリヤバンパーをボディ色とすることで質感を高めている。

ガソリンエンジン搭載車「GX」は、バックモニター内蔵自動防眩インナーミラーを新採用。通常時は周囲の光と後方からの光の差に応じて鏡面の反射状態を変化させドライバーの視認性低下を軽減。車両後退時には、インナーミラー内のディスプレイにバックカメラからの車両後方映像と駐車時の目安となる固定ガイド線を表示する機能を持っている。
またフロントバンパーコーナー部とリヤバンパーをボディ色に変更している。

価格

ファミリアバン:163万3500円〜207万3500円(税込み)


マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る