【ロサンゼルスショー2018】マツダ、魂動デザイン採用の新型「Mazda3」を世界初公開

マツダ株式会社は2018年11月28日、新型「Mazda3」を世界初公開した。2019年初頭から、北米より順次販売を開始する予定としており、11月30日から12月9日まで開催されるロサンゼルスオートショーで一般公開される。
※関連記事:マツダ、ロサンゼルス自動車ショーにて新型「Mazda3」世界初公開

新型「Mazda3」(北米仕様車)

新型「Mazda3」は、日本の美意識の本質を体現することを目指す、深化した「魂動デザイン」を採用。
ワンモーションのシンプルな動きでフォルムを描きつつ、繊細なボディ造形による光の移ろいやリフレクションの動きによって、これまで以上に力強く、味わい深い生命感をつくり込まれている。
ハッチバックではエモーショナルさを、セダンではエレガンスさを追求し、「Mazda3」というひとつのネームプレートのもと、まったく異なる2つの個性をつくり上げている。

また、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した、新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」や、幅広い走行シーンで意のままの加減速を可能にする、最新の「SKYACTIV-X」「SKYACTIV-G」「SKYACTIV-D」を搭載。人間を中心に設計するという思想に基づき、クルマとしての基本性能を飛躍的に向上させ、走る・曲がる・止まるという、クルマの動きが自然に感じられるよう磨き上げられている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る