【マツダ】 ル・マン優勝のマツダ787Bが、20年ぶりに現地を走行

伝統と格式を誇るル・マン24時間耐久レースで日本の自動車メーカーとして初めて、さらに今までのところは唯一の優勝を成し遂げたのがマツダだ。ロータリーエンジンでの出場が可能な事実上最後の機会となる1991年に、マツダ787Bがその快挙を達成した。


ページのトップに戻る