ミシュラン 2020年モータースポーツ活動を発表

日本ミシュランタイヤは2020年2月28日、スーパーGTを中心とする2020年のモータースポーツ活動を発表した。

スーパーGT

GT500クラスでは#3CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(エントラント名:NDDP RACING with B-MAX)、#23MOTUL AUTECH GT-R(エントラント名:NISMO)の2チームにタイヤを供給する。2020年シーズンはドイツツーリングカー選手権(DTM) との共通技術規則「クラス 1」となるGT500クラスに加え、GT300クラスの2チームにもタイヤを供給する。

スーパーGT GT500クラス

GT300クラスでは#9Aston Martin Vantage AMR GT3(エントラント名:PACIFIC D’station Racing)、#60SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(エントラント名:LMcorsa)の2チームにタイヤを供給する。

スーパーGT GT300クラス

スーパーGT以外では、「ポルシェ・カレラカップ・ジャパン」に2020年も引き続きオフィシャルタイヤ・サプライヤーとしてレースをサポートする。また「ポルシェ・スプリントチャレンジ・ジャパン」に対しても、オフィシャルタイヤ・サプライヤーとしてタイヤを供給する。

供給タイヤ・サイズ

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

ミシュラン 関連記事
日本ミシュランタイヤ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る