レクサス フラッグシップセダン「LS」を一部改良 3個のLiDARを追加装備

レクサスは2021年10月28日、フラッグシップセダンの「LS」を一部改良し発売した。

LS500h エグゼクティブ アドバンスド ドライブ

今回の一部改良では、標準装備の19インチタイヤをランフラットタイヤから新開発のノーマルタイヤに変更し、走りの上質感を更に高め、乗り心地と静粛性を向上させている。なおランフラットタイヤは希望するユーザー向けにメーカーオプションとして設定している。

また予防安全パッケージ「レクサス セーフティ システム+A」の機能のひとつであるレーントレーシングアシスト(LTA)では、ドライバーの負担軽減を目指し、システム制御の改良によりセンタートレース性を向上。ふらつきを低減し、より安心できるLTA制御としている。

また高度運転支援技術レクサスチームメイト(アドバンスド ドライブ)搭載モデルは、運転支援性能の向上を図っている。周辺車両の動きへの配慮として、追い越しの際に側方間隔確保機能の作動条件をより積極的に作動するように変更している。

さらに車線変更支援できる場面を拡大。被合流区間から区間外へのレーンチェンジ時の支援ができるようになりました。また、視認性向上を目的に背景色などメーターグラフィックを一部変更。なお既販売車も、無線通信を利用したソフトウェアアップデートによって同様の機能にアップデートできるようになっている。

そして新たに左右・後方へLiDARを追加装着し、将来的な性能向上(レベル3自動運転)を行なうとしている。そのため既販売車も、今後、販売店でのLiDARの装着を予定しているという。

その他の改良点は、マークレビンソン製リファレンス3Dサラウンドサウンドシステムを“version L”に標準装備として追加。また全LSモデルに設定されている、車室内を快適な空気環境に導く「ナノイー」を「ナノイーX」へと進化させ、快適性をさらに向上した。

”F SPORT”にはオレンジ色のブレーキキャリパー(フロント/リヤ・レクサスロゴ付き)をメーカーオプションとして新規設定。その他にリヤシートリマインダー機能を全車標準としている。

またLS500hは、アドバンスド ドライブを除く全モデルにアクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付)を標準装備としている。

価格

レクサス LS 関連記事
レクサス 関連記事
レクサス 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る