レクサスLCにコンバーチブル モデルを追加 LC500/LC500h一部改良

レクサスは2020年6月18日、ラグジュアリークーペのLC500h/LC500を一部改良するとともに、コンバーチブルを新たに追加しました。LC500h/LC500は同日から発売し、LC500コンバーチブルは7月15日に発売です。

LC500コンバーチブル

モデル概要

レクサスの中でスポーツ&ラグジュアリーの頂点に立つ「LC」は2017年に発売され、改良が加えられてきましたが、今回が初の大幅な改良を行ないました。そして、新たにコンバーチブルも設定しました。

コンバーチブルは、独自の存在感やドライバーの感性に訴える走り、エンジンサウンドを追求し、クーペの改良で投入された軽量化技術や快適性能を追求した、新開発モデルとなっています。

コンバーチブル

レクサスのフラッグシップ コンバーチブル モデルとして、デザイン的な美しさと空力性能、感性諸元といった機能性との両立を追求。LCシリーズとしての統一感を保ちながらも、専用パッケージングによりソフトトップルーフの軽快感や開放感、リヤのダイナミックな印象など、LC500コンバーチブルならではの個性を主張するエクステリアになっています。

コンバーチブル ソフトトップの構造

コンバーチブルのため、ルーフを開いても閉じていても美しいシルエットを目指し、ルーフオープン時は、ソフトトップが完全に格納される自動開閉式のトノカバー付きフォールディング機構を採用。クーペ同様の低いフロントフェンダーに加え、ドアエンドのベルトラインのキックアップ形状、トランク後端の跳ね上げた形状により、伸びやなプロポーションを実現しています。

さらに、トランク後端を左右方向にも広げることで、ラグジュアリースポーツらしい存在感を際立たせたリヤデザインとしています。またソフトトップの材質や質感を重視し、骨格と素材の張り具合を徹底的に検証することで、ルーフクローズ時にクーペのような美しいルーフラインとなるよう配慮されています。

ソフトトップの採用でハードトップ式より車両重量の軽量化に繋がり、さらにルーフの収納スペースを最小化できるため、ルーフオープン時の美しいスタイリングが生み出されています。またソフトトップは吸音材を組み合わせた4層構造とすることで静粛性も確保しています。

エクステリアカラー11色とソフトトップ2色、内装色3色で合計44通りの組み合わせを設定し、好みに応じたコーディネートが可能になっています。

インテリア

インテリアは、シート肩口のキルティングや穴径の異なる3種類のパーフォレーション加工を採用。ヘッドレスト後部のLマークのエンボスなど、ルーフを開けた際の車外からの見え方にこだわり、細部までこだわった作りこみとなっています。

ルーフの開閉時間は約15秒(最高速度50km/h)。さらに、その動き出し、途中、動き終わりの3ステップに分解し、動き出しと動き終わりには適度なタメを持たせながらも、極端な速度変化がないようリズム良く繋ぐことで、優雅で自然な動きを表現しています。

パームレスト内にあるルーフスイッチは、ルーフ開閉とスイッチを傾ける方向を合わせることで直感的に操作が可能となっています。開閉作動中は、マルチインフォメーションディスプレイにルーフの動きをグラフィックで表示されます。

ウインドディフレクターによる風のコントロール

オープン状態でも車内での会話を自然にできるように、ベルトラインやリヤの造形など空力性能にもこだわり、さらに透過性のあるウインドディフレクターを設定することで、開放感と視界はそのままに車内の不快な風の流れを抑制し、高い静粛性を実現しています。さらにアクティブノイズコントロール(ANC)も採用し、不快な騒音を打ち消しています。

また空調にはレクサス クライメイト コンシェルジュを採用し、四季のオープンドライブにおいても快適に乗員が過ごせるようエアコン、シートヒーター、ネックヒーター、ステアリングヒーターなど自動制御されるようになっています。

万が一の時、自動で作動するアクティブロールバー

オーディオシステムもコンバーチブル用に専用チューニングされており、コネクト機能では10.3インチのワイドディスプレイにSmart Device Link、Apple CarPlay、Android Autoを連携させることができるようになています。

ハードウエア

コンバーチブルはクーペと同様にスポーツ感あふれる走りを追求し、ボディ各所を補強することで高いボディ剛性を実現。またスタイリングと使い勝手の良いラゲージスペースを両立させ、ゴルフバッグも搭載できるようになっています。

ボディ補強用のブレースの配置や形状には徹底的にこだわり、リヤサスペンション タワーブレースや床下ブレースの結合部などには形状自由度が高く、軽量で高剛性な専用のアルミダイキャストを採用。また、マグネシウムやアルミニウムなど軽量素材の採用によって、高剛性と軽量化の両立に加え、優れた重量バランスを実現しています。またリヤに「パフォーマンスダンパー」を採用し、上質な乗り心地とドライバーの意図に忠実な優れた運動性能を生み出しています。

パワートレーンは5.0L V8エンジンとダイレクトシフト10速ATの組み合わせで、伸び感のあるリニアな加速を追求しています。ドライバーがどのような環境下で走行しているのかを判定し、走行シーンに応じて駆動力をきめ細かく制御し、日常のスムーズな加速から限界域の車両コントロールまで、ドライバーの感覚にマッチする走りの性能となっています。

またコンバーチブルならではの、自然吸気V8エンジンの官能的なサウンドを車内でも楽めるように、吸気音をキャビン内に共鳴させるサウンドジェネレーターや、より迫力のある排気音を演出する外装バルブをクーペと同様に採用。ルーフオープン時のより気持ち良いサウンドを生み出しています。

クーペの改良点

クーペモデルは、より一体感のある走りを熟成するために、基本性能の向上を図っています。

フロント サスペンションのロワアームをアルミ製に変更し、リヤは中空スタビライザーバーを採用、コイルスプリングの高強度材の採用、21インチホイールの軽量化などにより、ばね下質量を約3.7kg軽量化しています。

シャシーでは、バウンドストッパーの特性変更やアダプティブ サスペンション(AVS)のダンパーの伸び側減衰力を独立制御化し、路面変化に対する追従性の高いしなやかなサスペンションの動きを実現しています。この他に、リヤのロール剛性配分を変更し、ステアリング操作に対する回頭性や中高G域での舵の効きを高め、リヤタイヤのグリップ力を向上させています。

これらの改良によりクルマのインフォメーションが向上し、より正確なライントレースが実現しています。

さらに、AVS/EPSの制御を変更することで、より滑らかでよりリニアなステアリングフィールを実現。これに加えてコーナリング性能をさらに高めるために、LDH、ACA、パフォーマンスダンパーなどによって、よりハイレベルのドライビングが楽しめるようになっています。

パワートレーンでは、日常域でもパワフルな加速性能が感じられる駆動力特性とし、ガソリンモデルは停止から100km/hあたりまでの常用域で、より気持ちの良い加速と強い伸び感、気持ち良いエンジンサウンドが楽しめるようにATの変速マップを改良しています。

一方、ハイブリッドモデルは、バッテリーの使用領域を従来より拡大することで、モーターからのトルクアシストを増幅させ、駆動力が一段と向上しています。

60台限定の特別仕様車「LC500 コンバーチブル “ストラクチュアルブルー”」

特別仕様車「LC500 コンバーチブル“ストラクチュアルブルー”」が設定され、60台限定で発売されます。すでに60台の内の40台はオーナー向け先行商談を開始しており、20台を一般向けの抽選発売分として、6月18日からオフィシャルWEB上での商談公募を開始しています。

特別仕様車「LC500 コンバーチブル “ストラクチュアルブルー”」は、LC500コンバーチブルをベースに、専用ボディ色のストラクチュラルブルーと、専用の内装色ライムストーンを使用して青の洞窟をモチーフとしたカラーコーディネートとなっています。

専用のボディ色のストラクチュラルブルーは、海の青と同様に特定の波長の光を反射する構造原理を持ち、唯一無二の鮮やかな青を実現しています。

白い海底に見立てた内装色ライムストーンと組み合わせることで、ボディカラーの青を際立たせ、非日常的なドライビング体験を生み出します。

その他にフロント245/40RF21、リヤ275/35RF21サイズのランフラットタイヤと鍛造アルミホイール(ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装)、カラーヘッドアップディスプレイ、特別仕様車専用スカッフプレート(CFRP製)を特別装備しています。

レクサスLC 諸元表

価格

レクサス LC 関連記事
レクサス 関連記事
レクサス 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る