トヨタGAZOOレーシングが「レクサス LC」で再挑戦 2019年ニュルブルクリンク24時間耐久レース

▼ニュルブルクリンク2019
トヨタGAZOO(ガズー)レーシングは2018年11月26日、2019年6月20日〜23日にドイツで開催される第47回ニュルブルクリンク24時間耐久レースに、2018年と同様にレクサス「LC」で再挑戦することを発表した。

富士スピードウェイでテストするレクサス LC
富士スピードウェイでテストするレクサス LC

2018年のニュルブルクリンク24時間レースでは、プロトタイプとしてチューニングされたレクサスLCで参戦し、パワートレーン、ブレーキ、タイヤ、電気系等のトラブルが続発。計約4時間もの間ピットインするという散々な結果に終わっている。

2018年のレクサス LCはかろうじて走り切った
2018年のレクサス LCはかろうじて走り切った

2019年は、同じレクサス LCで参戦し、より長い距離を走り、再び完走を目指すとしている。ドライバーの体制も、2018年と同様に土屋武士選手をリーダーに、若手の蒲生尚弥選手、松井孝允選手、中山雄一選手の4名を起用。マシンセッティングは、7回目の参戦となる蒲生尚弥選手が担当するとしている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る