モリタの小型オフロード消防車が2018年度グッドデザイン・ベスト100受賞

株式会社モリタホールディングス(本社:大阪・東京)は2018年10月3日、同社と当社の連結子会社である株式会社モリタ(本社:兵庫・東京)及び株式会社モリタテクノス(本社:兵庫)が、川崎重工業株式会社(本社:東京)の協力のもと開発した小型オフロード消防車「Red Ladybug(レッドレディバグ)」(販売元:株式会社モリタ)が、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2018年グッドデザイン・ベスト100」を受賞したことを発表した。
小型オフロード消防車 Red Ladybug
 

小型オフロード消防車「Red Ladybug」

オフロードでの高い走破性を備え、一般の消防車では進入困難な瓦礫や土砂崩れ等の災害現場へ自走での進入が可能な消防車。
大型特殊自動車としてナンバーを取得できるため、公道走行が可能。突発災害だけでなく「普段の消防活動」でも運用可能なオールラウンドの消防車となっている。ベース車両には高いオフロード能力と安定した乗心地を備えた川崎重工業株式会社の多用途四輪車「MULE PRO-FX(EPS)」を採用。3名乗車可能で円滑な消防活動に適した車両となっている。後部には積載重量350kgの消防機能が搭載可能。
小型オフロード消防車 Red Ladybug
 

審査委員の評価コメント

熊本地震での現場調査が開発の発端だったという。走破性能や積載性能など、さまざまな要求を考慮した結果、あえて国内販売していない車両を選び、小型軽量化を追求する過程で必要な装備をユニット交換する手法を採用するなど、豊富な現場経験から編み出した革新的な発想に感心する。ベース車両の雰囲気を活かし、小柄ながら頼り甲斐ある造形に仕立てたデザイン能力も賞賛すべきであろう。


ページのトップに戻る