ホンダ 最後のモデル「NSXタイプS」を発表

ホンダは2021年8月30日、スーパースポーツモデル「NSXタイプS」を発表しました。このNSXタイプSは、現在のNSXの最終モデルとして8月3日に初公開。全世界で350台の販売を予定しており、北米では300台がすでに完売しており、日本市場には30台の割当という希少モデルにもなっています。

国内では9月2日にNSX販売を担当するNSX PERFORMANCE DEALERで、購入申込みを開始します。実際の発売は2022年7月の予定です。

NSXタイプSの水上聡開発責任者

NSXは、人間中心のスーパースポーツという初代モデルが提案したコンセプトを継承しながらホンダ独自の電動化技術とSH-AWD技術を融合させた3モーターハイブリッドシステム「Super Handling-All Wheel Drive」を採用。エンジンだけでは達成することが難しい、高いレベルのレスポンスとハンドリング性能を実現するスーパースポーツカーです。またアメリカで生産されるモデルとしても注目を浴びました。

今回のタイプSは大幅な改良を行ない、2代目NSXの集大成とするために、パフォーマンスとデザインを追求。ダイナミクス性能では、タイプSが目指す加速性能やコーナリング性能、そして、空力・冷却性能などを細部まで突き詰め、「ドライバーとクルマとの一体感」「操る喜び」を磨き上げたモデルです。

3.5LのV6ツインターボ・エンジンは、過給圧アップ、インジェクター噴射容量アップなどによりエンジン単体では従来より22psアップの529psにパワーを向上。トルクは50Nm高められ600Nmとなっています。

パワーアップされた3.5LのV6ツインターボエンジン

またフロントのツイン・モーターの減速比を低め、パワーコントロールユニットでの出力を高め、システムでも総合最高出力は20年モデルに対し、581psから610psに、最大トルクは646Nmから667Nmに向上しています。

駆動トルクベクタリングを担うフロントのツインモーター

シャシー制御では、特にSport、Sport+モードで、4輪の駆動制御や姿勢制御を最適化することで、ブレーキ操作に合わせたクイックな変速、コーナリングでのSH-AWD効果をより強調した巻き込むような旋回フィーリング、そして立ち上がりではフロントモーターでより早く駆動力を発生させ一段と素早い加速が得られるようにチューニングされています。

専用開発されたピレリPゼロタイヤ。カーボンディスクはオプション設定

またタイヤは専用開発したピレリPゼロ(フロント:245/35R19、リヤ:305/30R20)を装着し、より高いグリップ力と限界でのコントロール性を実現。

デザインは、前後のバンパー形状を変更し、空力や冷却性能など機能的進化を追求した新デザインとしています。フロント開口部を拡大し、リヤは大型のディフューザーを装備しています。

限定となる新色マットカラーや、特別感を演出する専用パーツ、タイプS専用ロゴの設定など最終限定モデルにふさわしい仕上げとしています。

価格

ホンダ NSX 関連記事
ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


ページのトップに戻る