ホンダN-ONE新型デビュー RSグレードにFFターボ6速MT搭載

ホンダは2020年11月20日に、新型軽自動車N-ONEを発売します。長く使えて飽きがこない、末永く愛せるクルマを目指した新型には走りの楽しさを意識した「RS」グレードを設定、ホンダの軽初となるFFターボに6速MTを搭載しています。

新型N-ONE RS。6速MTを搭載!

第2世代のパワートレーンへ刷新

エンジンとミッションはN-BOXなどに搭載している第2世代へとすべて刷新し搭載しました。また新規にマニュアルトランスミッションの開発も行ないました。

自然吸気のNAエンジンはロングストロークと吸気側VTECによって燃費と出力を両立。出力は43kW/58PS/7300rpm、65Nm/4800rpmで、燃費はWLTCモード平均23.0km/Lです。ターボエンジンは電動ウエストゲートを採用し、低燃費とレスポンスの向上があります。出力は47kW/64ps/6000rpm、104Nm/600orpmで、WLTCモード平均は21.8km/Lとなってます。

ミッションではRSグレードにMTを搭載しています。こちらはN-VAN用のデフケースとS660のギヤを組みあわせた専用のトランスミッションで、前進のギヤレシオはS660と同じ6速になっています(リバースのギヤ比はN-ONE専用)。

RSはFFターボでマニュアルミッション仕様

また車両の狙いがスポーツカーではなくスポーティな走りとしているため、ピークトルクリミッター・クラッチダンパーを採用し、ガツンとした振動を低減、ペダルへの振動を減らし、マイルドにつながる工夫をしています。

またCVTはRS専用の制御を行なっています。加速Gの立ち上がりが早くなるように、「Gデザイン制御」と、ブレーキ操作でのステップダウンシフト制御という2つの制御が導入されています。CVTでもスポーティに走るために、Gの立ち上がりを速くし、ダウンシフトはエンジンブレーキより加速するためのダウンシフトと考え、ブリッピングする制御になっています。


ボディ&シャシー

ホンダのボディ構造は、各社に先駆けてインナーフレーム構造を取り入れて製造されていますが、新型N-ONEももちろん、踏襲しています。そしてボディでは重量を約7%軽量化し、曲げ剛性は約12.5%アップ、ねじり剛性も約2.5%向上しました。またロール慣性モーメントも約4%低減し、ヨー・ピッチ慣性モーメントは同等となっています。


シャシーでは横力をキャンセルするコイルスプリングを採用し、AHA(アジャイルハンドリングアシスト)も採用。EPSを新制御ロジックに変更するなどスポーティな走りを意識したシャシーチューニングが随所に見られます。

安全装備を全グレード標準装備化

ホンダの先進安全システムである「ホンダセンシング」を全グレードで標準装備しました。またMTで始めてACCにも対応しました。また、車線維持支援システムも初めて採用しています。もちろん、衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能などにも対応しています。

商品特徴

こうした先進的な最新装備を搭載した新型N-ONEの特徴は、同じ軽ハイトワゴンのN-BOXとは役割が違うことでカニバリ(顧客を奪い合うこと)が起きないと説明しています。

初代のN360を徹底研究したという

N-ONEでは個性派のハイトワゴンであり、一方のN-WGNは王道であると。N-ONEを好むユーザーは自分らしさを表現できるクルマで、自分らしさを大事にするユーザー向けであるとしています。N-WGNでは日常の移動手段であったり使い勝手がよく、生活の道具的な存在であるのだとうことです。

そうした自分らしさを大事にするユーザーには、末永く愛さる商品を提供していきたいということで、本質的価値の表現、「らしさ」を打ち出す。そして根底にながれるN360を徹底的に研究したことで、人に向けられた気持ちがあるということがわかったと説明しています。

エクステリアではタイムレスデザインとし、流行に流されず、スタイル、ボディカラーを重視し、安全性能も、そして走行性能を磨くことで軽自動車の枠を超えたモデルを目指すとしています。


インテリアでは、ミニマル、くつろぎと安心、そして楽しさという3つの価値を大切に継承し進化させています。ミニマルはホンダのクルマづくりの思想であるM・M思想で、メカミニマム、マンマキシマムで無駄を徹底的に排除しています。

くつろぎと安心では、180cmの大柄の人でも足を組んでリラックスできるスペースを確保し、安心感としっかり感を重視しています。そして楽しさはまさに運転が楽しいと思えるクルマに仕上げることです。

こうしたコンセプトを背景に、モデルは3つのグレードが用意されました。「オリジナル」はナチュラルにシンプルにこだわるモデル。「プレミアム」は質感に拘ったモデル。そして「RS」は走りにこだわるモデルという3モデルです。

プレミアムグレード

価格

●オリジナル
NAエンジン 660cc FF+CVT 159万9400円
NAエンジン 660cc 4WD+CVT 173万2500円
●プレミアム
NAエンジン 660cc FF+CVT 177万9800円
NAエンジン 660cc 4WD+CVT 191万2900円
●プレミアムツアラー
ターボエンジン 660cc FF+CVT 189万9800円
ターボエンジン 660cc 4WD+CVT 202万2900円
●RS
ターボエンジン 660cc FF+6MT 199万9800円


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る