ホンダ フィットがマイナーチェンジ 専用サスで走りにこだわった「RS」追加

ホンダは2022年10月6日、Bセグメントのコンパクト・ハッチバック「フィット」をマイナーチェンジし、10月7日から発売を開始した。

HOME

今回のマイナーチェンジでは、各機種タイプのデザインを、それぞれの個性をさらに際立たせるよう変更するとともに、走りにこだわった新タイプ「RS」を新たに追加設定している。

HOMEのインテリア

また、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」は、モーターの最高出力を高めると同時に、アクセル応答性を向上。これにより、力強く、かつ安定した走りで、クルマとの一体感強め、意のままの走りを実現している。

LUXE

なお、機種タイプの展開は以下のようになっている。
・BASIC(ベーシック):シンプルなデザインの基本タイプ
・HOME(ホーム):生活に溶け込みやすいデザインと快適性を備えたタイプ
・LUXE(リュクス):洗練と上質を兼ね備えたスタイリッシュなタイプ。

今回のマイナーチェンジでフロントノーズをすっきり見えるように形状を変更、アッパーグリルの位置を上げ、HOME/LUXEはその上部にメッキ加飾のラインを水平に通すことで、より端正なデザインに変更している。

CROSSTAR

・CROSSTAR(クロスター):週末に出かけたくなるようなアクティブライフに応えるタイプ

今回のマイナーチェンジで、CROSSTAR専用エクステリアとなるフロント、サイド、リヤのガーニッシュをシルバー色に変更。タフさを演出するデザインによりクロスオーバーらしさを強調。

新設定されたRS

・RS:デザイン、走りの質によりこだわったタイプ

今回新たに設定させてスポーティ・モデルだ。専用のフロントグリル、フロントバンパー、サイドシルガーニッシュ、リヤバンパー、リヤスポイラー、アルミホイールなどを装備しスポーティさを強調。

また、荒れた路面で車体の揺れを抑えなど徹底的に性能を突き詰めたRS専用のサスペンションを採用。ドライバーの操作とクルマの挙動の一体感を高め、操る楽しさと、質感の高い爽快な乗り味の両立を目指したモデルだ。

RSのインテリア

e:HEV RSには、アクセルオフ時の減速力を4段階で選択できる減速セレクター、3つのドライブモードスイッチ(NORMAL、SPORT、ECON)を専用装備している。

なおRSはガソリンモデルも設定し、11月10日に発表が予定されている。

パワートレインでは、2モーター式ハイブリッド「e:HEV」は、モーターの最高出力を10kW(14ps)向上させ123psに。そのため従来以上に低速域でアクセルを踏み込んだ瞬間から電気自動車のように力強くスムーズに走り出し、気持ち良く伸びる加速感を実現している。

ガソリンモデルは新たにL15Z型の118ps/142Nmを発生する1.5L DOHC i-VTECエンジンを搭載している。

運転支援システムは、より進化した「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備している。新たにトラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)、急アクセル抑制機能が追加されている。

またブラインドスポットインフォメーション、後退出庫サポートも新たに追加、タイプ別設定となっている。

この他に、助手席が回転して乗り降りをサポートする助手席回転シート車は、新たにe:HEV HOME、HOMEにベース車両を変え、より装備や使い勝手を向上させている。

価格

ホンダ フィット 関連記事
ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る