初代やYAMATOシビックも!ホンダ「オートモビル カウンシル 2022」50周年を迎えるシビックをテーマに出展

ホンダは2022年3月31日、千葉県千葉市の幕張メッセで4月15日(金)〜17日(日)に開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2022(オートモビル カウンシル 2022)」に、今年で発売から50周年を迎えるシビックをテーマに出展すると発表した。

1972年7月12日に日本で初代モデルが発売されたシビックは、ホンダ車の中で最も長い歴史を持つ。その歴代シリーズ累計の販売台数は2700万台を超え、「市民の」という意味の名前の通りにグローバルで販売されている。

1972年発売の初代シビック

今回のホンダ・ブースでは、1972年発売の、「世界市民のベイシック・カー」に挑戦した初代シビックと、1970年代後半から80年代前半にかけてホンダ技術研究所の有志がレース参戦のために製作し、ツーリングカー・レースで活躍したYAMATOシビックを展示する。

TSツーリングカーレースで、日産サニー、トヨタ・スターレットと激戦を展開したYANATOシビック

CIVIC 50周年特設サイト:https://www.honda.co.jp/CIVIC/50th/

オートモビルカウンシル2022公式サイト:https://automobile-council.com/events/ac2022/

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る