ホンダ 運転席が無い未来のクルマ「クルーズ・オリジン」公開【動画】

ホンダは2022年9月29日、現在開発を進めている自動運転モビリティサービス専用車両「クルーズ・オリジン」の日本仕様量産モデルの試作車の走行、開発に携わるホンダのエンジニアのインタビューをまとめた映像を公開した。クルーズ・オリジンは、ホンダ、GMクルーズホールディングスLLC(クルーズ)、GMの3社で共同開発している自動運転モビリティサービス専用車両である。

テスト走行中のクルーズ・オリジン

ホンダはクルーズとともに、様々な交通課題の解決や、社会に新しい形の利便性・新価値を提供するため、クルーズ・オリジンを活用した自動運転モビリティサービスを2020年代半ばから東京都心部で開始することを目指している。

また自動運転モビリティサービスの実現に向け、ホンダ、クルーズ、GMと共同で、2021年9月から栃木県宇都宮市・芳賀町で、GMの「ボルトEV」をベースとした試験車両を使って技術実証を開始しまいる。今後は東京での実証実験や、事業開始に向けたクルーズ・オリジンを使った実証実験も検討して行くとしている。

東京都心部での実用運行サービスが計画されている

今回公開した映像では、クルーズ・オリジンの日本仕様量産モデルの試作車が米国のテストコースで走行する様子を紹介している。日本仕様の試作車は複数台作られ、テストコースでの走行機能や基本的なシステムの確認、衝突試験による安全性の確認などを行っていく。

また、映像ではクルーズ、GMとの共同開発に取り組む日米のホンダのエンジニアが、クルーズ・オリジンの試作車を紹介しつつ、開発のこだわりや、日本導入に向けた意気込みを語っている。

クルーズ・オリジンは最大6名乗車できる小型バス・タイプの車両で、自動運転レベル4相当の無人自動運転技術を搭載しているため、運転席はなし。運転席分のスペースを客室として使用することで、広い室内空間を実現している。

また、クルーズ・オリジンはさまざまな人々が乗り降りしやすいよう、低床プラットフォームを採用するとともに、量産車として世界初となる、左右両側の両開きスライドドアを実現しているのが特徴だ。

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト
 


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る