ホンダ 韓国のLGエナジーソリューションと合弁会社を設立

ホンダとLGエナジーソリューション(韓国)は2022年8月29日、アメリカで生産販売されるホンダ、アキュラの両ブランドのBEV用リチウムイオンバッテリーをアメリカで生産する合弁会社の設立に合意したと発表した。新たな合弁会社は、関連当局の承認やその他の手続きを経て、2022年中に設立される予定となっている。

LGエナジーソリューションのクウォン・ヨンスCEO(左)とホンダの三部敏宏社長

この合意により、LGESとホンダは総額約44億USドルを投資し、アメリカに生産工場を建設する。今後、建設地の確定を経て、2023年初頭に着工し、2025年中の量産開始を予定している。なお、この工場で生産されるリチウムイオン・バッテリーはすべてがホンダの北米工場へ供給される予定で、その生産能力は最大約40GWhを目指している。

両社は、急速に成長する北米の電動化市場において、タイムリーで安定的にバッテリーを現地調達することが重要との共通認識に基づき、今回の合意に至ったという。

ホンダは北米市場におけるBEVはGMのアルティウム・プラットフォームと、GMとLGとの合弁工場で生産されるアルティウム・バッテリーを採用する事が決定しているが、ホンダのBEVの次のステップとなる小型・中型の普及サイズのBEV用のバッテリーを確保するために今回の合弁が決定した。

BEVの生産は、生産工場の近隣にバッテリー工場が存在することが不可欠であり、ホンダはいち早くそのための手を打ったのである。

LGエナジーソリューションは韓国の総合化学会社のLG化学の子会社だが、独自に株式上場している。リチウムイオン・バッテリー生産で世界No.1の中国の寧徳時代新能源科技(CATL)に続く世界No.2 で、北米市場での大幅に市場シェアを拡大する計画としている。

LGエナジーソリューション 公式サイト

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る