ホンダ レッドブルへのF1パワーユニット技術支援を2025年まで継続

ホンダとレッドブル・グループは2022年8月2日、ホンダ・レーシング(HRC)はRed Bull Powertrains(レッドブル・パワートレインズ)と2023年シーズンから2025年シーズンまでのF1世界選手権参戦用のパワーユニットに関する支援について合意したと発表した。

ホンダのレース活動を担当するホンダ・レーシングは、レッドブル・グループからの要請に基づきレッドブル・パワートレインズに対して2022年シーズンのF1用パワーユニットに関する技術的な支援を行なっており、Scuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ)とOracle Red Bull Racing(オラクル・レッドブル・レーシング)はそのパワーユニットを搭載したマシンでF1に参戦しており、現時点でトップレベルの実力を発揮している。

そのため2023年から2025年の3シーズンについてもホンダに対してレッドブル・グループから支援の要請があり、両社で協議・検討を進めてきた結果、今回の合意に至っている。
今回の合意内容は新規のパワーユニットに開発ではなく、現在のパワーユニットをベースとしながら十分な競争力を維持できるとの判断から支援が継続されることになったということができる。

ホンダ・レーシング 公式サイト
レッドブル・パワートレインズ 公式サイト

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る