ホンダのベンチャーが電動マイクロモビリティ「Striemo(ストリーモ)」を開発

ホンダは2022年6月13日、同社の新事業創出プログラム「IGNITION(イグニッション)」から生まれたベンチャー企業として2社目となる「株式会社 ストリーモ」が設立されたことと、同社でパーソナル・マイクロモビリティを開発していることを発表した。

新会社のストリーモは、新たなパーソナル・モビリティに参入する。独自のバランスアシスト機構を採用し、ゆっくり歩くようなスピードから自転車程度のスピードまで、転びづらく安定した走行を可能にした1人乗りの電動3輪マイクロモビリティ「Striemo(ストリーモ)」を開発中で、2022年中に日本国内、2023年にヨーロッパでそれぞれ発売を予定しているという。

この1人乗りの電動3輪車は、0.1mm単位で重心バランスを計算した緻密な設計と、独自のバランスアシスト機構により、人が自然とバランスを取りやすい構造になっており、ゆっくり歩くようなスピードから自転車程度のスピードまで、転びづらく安定した走行が可能で、いわゆる「ラスト ワンマイル」向けの電動車であり、広い施設内の巡回や歩行者と共存できる市街地パーソナル・モビリティだ。

新会社ストリーモの森庸太朗社長は、「移動することの楽しさの一つに発見や出会いがあります。これをより多くの人に体験してもらいたい。誰しもが靴を履いて出かけるように、自然体で動き出せる、そんな移動手段をつくれないだろうかとストリーモを開発しました。ホンダでの2輪開発で培った人間研究のノウハウを生かし開発した、新しいモビリティです。ストリーモが世界中で人々の生活の中に当たり前にあるモビリティの一つになり、人々が自由な移動を楽しめる豊かな世界をつくっていきます」と語っている。

なお、同様の電動3輪のパーソナル・モビリティでは、トヨタが「C+walk T」をすでに販売している。これらは、日本国内では最高速度は10km/hていどとされている。

ストリーモ 公式サイト

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る