ホンダ プラットフォーム型の自律移動EVモビリティを発表【動画】

ホンダのアメリカ法人アメリカン・ホンダモーターは2022年1月21日、アタッチメントを取り付けることで、さまざまな用途に活用できるプラットフォーム型自律移動モビリティの実験用車両「オートノマス ワーク ビークル:Honda AWV)」を、2022年1月18日~1月20日までアメリカのラスベガスで行われた建設資材・建設機器の見本市「World of Concrete 2022」で発表、展示した。

AWVは、CES2018に出展したプラットフォーム型ロボティクスデバイス「3E-D18」のコンセプトを基に開発された頑丈で耐久性の高い電動モビリティだ。GPSによる位置情報や、レーダーやLiDARによる障害物検知機能、その他のセンサー類を駆使して自律的に無人走行できるようになっている。アタッチメントやツールの追加で、運搬をはじめ、さまざまな作業に活用できるプラットフォームであることが特長だ。

2021年11月には今回展示したAWVを使用し、建設会社ブラック・アンド・ビーチ社と共同で、ニューメキシコ州の大規模太陽光発電施設の建設現場で実証実験を行なった。

1か月にわたる実証実験で、機材の牽引や建設資材、水などの物資を作業現場内のあらかじめ設定した目的地まで運ぶなど、さまざまな作業の検証を実施している。

このAWVのボディサイズは、全長290cm、全幅150cm、全高142cmで、車両重量721kg、積載重量399kg、最大牽引重量750kg(トレーラー重量含む)、最小回転半径3.9m、航続距離45km、充電時間6時間(120V)と発表されている。

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る