ホンダ アメリカの電池ベンチャー企業とリチウム金属電池を共同開発

ホンダは2022年1月19日、EV用バッテリーの研究開発会社であるSES Holdings Pte. Ltd.(本社:アメリカ・ボストン)と、2021年12月に革新的なリチウム金属2次電池に関する共同開発契約を締結したと発表した。

またSESは、SPAC(特別買収目的会社)スキームを使用してニューヨーク証券取引所への株式上場を予定しており、ホンダはSPACの私募増資引き受け(PIPE)を通じて、取引所に上場するSES AI Corporationの約2%の株式を取得する予定だ。

従来の負極に炭素材ではなく、より高エネルギー密度が得られるリチウム系金属を使用するリチウム金属電池

ホンダはグローバルでの電動化に向けた取り組みを加速する中で、EVの基幹部品であるバッテリーについては、独自に開発している全固体電池を含め次世代バッテリーとしていくつかの選択肢を並行して検討しており、今回の共同開発契約はその一環だ。

今後、ホンダとSESは、安全で高い耐久性をもつ大容量のEV用次世代バッテリーの実現に向けて共同研究を進めていくとしている。

SES 公式サイト

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る