ホンダ F1パワーユニット技術をレッドブル・パワートレーンズに移管

ホンダは2021年10月7日、F1世界選手権用のパワーユニット技術をレッドブル・パワートレイーズへ移管することを発表した。

ホンダは2021年シーズンでF1への参戦を終了することが決定しているが、ホンダのパワーユニットを使用するレッドブル・レーシング、スクーデリア・アルファタウリをどうするかが注目されていたが、このほどレッドブル・グループとホンダが2022年以降のモータースポーツを中心とした新たな協力関係について合意した。

この合意はレッドブル・グループからの要請のもとに、ホンダのパワーユニット技術をレッドブル・グループが2022年以降のF1に参戦するために使用することを許諾し、ホンダはレッドブル・グループ傘下のスクーデリア・アルファタウリとレッドブル・レーシングのF1参戦を支援して行くというものだ。

具体的には、ホンダによるレッドブル・パワートレーンズへの2022年シーズンにおけるパワーユニットの組立支援や、サーキットおよび日本におけるレース運営のサポートをホンダが行なうこと、現在、ホンダのイギリスにおけるF1参戦活動の拠点であるホンダ・レーシング・ディベロップメントUKの従業員をレッドブル・パワートレインズへ転籍させることが決定している。

またホンダは、日本におけるモータースポーツのプレゼンス向上に向けて重要となる日本人ドライバーの育成への取り組みも、レッドブル・グループと継続して推進するとしている。

ホンダが実施している育成プログラム「ホンダ フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)」とレッドブル・グループが主催するプログラム「Red Bull Junior Team(レッドブル・ジュニアチーム)」で連携し、角田裕毅選手に続くF1をはじめ世界のトップカテゴリーで活躍する日本人の若手ドライバーを共同で育成して行くことにも合意している。

なお、こうしたホンダのモータースポーツ活動を推進していくために、現在ホンダの2輪レース活動を運営しているホンダ・レーシング(HRC)に4輪レース活動機能を追加し、ホンダとしてのモータースポーツ体制を強化。そしてレッドブル・グループへのF1参戦活動に関する支援は、HRCが担当することになる。

レッドブル・レーシング 公式サイト

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


ページのトップに戻る