ホンダ 自動車メーカー初のオンラインストア「Honda ON」オープン【動画】

ホンダは2021年10月4日、国内自動車メーカーで初となる新車のサブスクリプション(定額払い)オンラインストア「Honda ON(ホンダオン)」をオープンし、当初は東京都内限定でオンラインで新車の取り扱いを開始した。

オンラインストアを新設した背景には、スマートフォン社会の定着、各種手続きのデジタル化や、コロナ禍でのリモートワーク拡大など、新しいトレンド、生活様式が生まれ、顧客の購買行動も多様化。ジェネレーションZなどスマートフォンをメインにしたライフスタイルに合わせたニーズを捉え、購買行動における新たなUX(ユーザーエクスペリエンス)を実現すべく、2021年4月に四輪新車のオンライン販売の企画立案、運営を担う、新会社「ホンダセールスオペレーションジャパン」を設立し、「Honda ON」を展開した。

この「ホンダセールスオペレーションジャパン」が、ホンダの販売店と連携することで、オンライン上で商談、見積り、査定、契約、保険手続きなど、すべて可能となり、より気軽に新車の契約を行なうことができるようになっている。

他社のサブスクリプション方式との違い

オンライン販売にあたっては、スマートフォンに特化した見やすい、分かりやすいUI(ユーザーインターフェース)を採用することで、販売店への来店経験がなく、来店のハードルが高いと感じている若い世代にも、使い勝手が良くストレスなしに直感的な操作が可能なものを目指している。

オンラインで利用する過程で困りごとが生じた際は、Honda ONコンタクトセンターのオペレーターに、ストア内のチャットで365日いつでも相談することができるようになっている。

新規契約から契約終了までの流れ

「Honda ON」は、当初は東京都の48販売店での取り扱いからスタートし、取扱車種は4車種となっている。ただし、いずれもメンテナンス費や保険代などもすべて含むサブスクリプション(毎月定額払い)リース形式による販売とされている。

「ホンダセールスオペレーションジャパン」としては、最終的には全国展開や、扱い車種の拡大、通常の買取前提の販売まで枠を広げることを目指している。

現時点での扱い車種は、N-BOX、フィット、フリード、ヴェゼルの4車種。

5年契約の月払い定額プラン例

すでに新車のサブスクリプション販売はトヨタKINTOが展開しているが、「Honda ON」はより個人使用に特化し、任意保険も個人タイプとするなど使い勝手を高めていることや、スマートフォンからの手続きに特化していることが特長で、必要書類の送付は郵送で、最終的に車両を受け取るために自分が選択した販売店に出向くだけでクルマに乗ることができるという、シンプル化を図っている点が斬新である。

「Honda ON」公式サイト:https://on.honda.co.jp/

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る