ホンダ 自動運転モビリティサービス実現に向け、技術実証を開始

ホンダは2021年9月8日、GMクルーズホールディングスLLC(クルーズ)、ゼネラルモーターズ(GM)と、共同で展開予定の日本での自動運転モビリティサービス事業に向け、自動運転技術に関する技術実証を、2021年9月中に開始すると発表しました。

ローカルの高精度地図を作成するためのマッピング・ビークル

レベル4の自動運転モビリティサービスを目指す技術実証は、栃木県宇都宮市芳賀町で実施されます。まず、自動運転車両がより安全に走行するための準備として、地図作成車両を使用して高精度地図の作成を実施。高精度地図の準備が整い次第、自動運転車両「クルーズAV」(GM製)による公道走行を通じて、日本の交通環境や関連法令などに合わせた自動運転技術を開発・検証することになります。

シボレー・ボルト(EV)ベースの自動運転車「クルーズ AV」

この技術実証は、ホンダとクルーズが共同で開発作業に取り組み、栃木県のホンダ施設内に実証拠点を新設し推進するとしています。

無人運転の電動バス「クルーズ オリジン」の運行を目指す

将来的にはクルーズ、GM、ホンダの3社が共同開発している自動運転モビリティサービス事業専用車両である「クルーズ オリジン」(MaaSバス)を活用した自動運転モビリティサービス事業の日本国内での展開を目指しており、その事業運営はホンダの日本におけるモビリティサービス事業運営子会社であるホンダモビリティソリューションズが担う予定です。

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る