ホンダ 「旅行時間表示サービス」を8月から提供開始

ホンダは2021年8月19日、走行データなどを活用したデータサービス事業「ホンダ・ドライブデータサービス」を新サービスとして提供します。ホンダ車のリアルタイム走行データを活用し、渋滞路・迂回路通過の所要時間を計算して、道路上に表示する「旅行時間表示サービス」の有償提供を2021年8月から開始しました。

ホンダは、これまでさまざまな企業や自治体からの要望を受け、個別にソリューションを提供してきた実績があります。今回、提供を開始した旅行時間表示サービスは、全国各地で発生する「渋滞」という社会課題の解決を目指して開発したもので、パッケージ型サービスとすることで、より多くの企業や自治体が導入しやすくしています。

旅行時間表示サービスは、ホンダ車からリアルタイムに集まる走行データを活用し、渋滞路・迂回路の通過にかかる時間を計算。そして、算出された渋滞路・迂回路それぞれの所要時間をルート分岐地点の手前に設置した表示機に表示し、ドライバーに知らせることで迂回路の選択を促します。これにより交通量が複数のルートに分散され、渋滞を低減する効果が期待できます。

特に効果が期待できるのが、目的地まで複数ルートが存在し、そのルートの一方が渋滞、一方は空いているなど交通量に偏りがある場合です。

毎年、紅葉シーズンになると激しい渋滞が発生する栃木県日光市で、国道119号線の渋滞緩和を目的として、旅行時間表示サービスを用いた実証実験を行なっています。

実証実験の結果では、激しい渋滞が発生する春日町交差点から日光山内入り口までの最長所要時間が、2019年の171分に対し、2020年の対策実施時には同等の交通量ながら85分と半減。さらに、渋滞ルートの所要時間表示が長くなるほど迂回が促されて渋滞が低減し、シーズン中の最大渋滞長は2019年の約3.7kmに対し、2020年の対策実施時には約2.3kmまで短縮されています。また、渋滞が解消する時刻も平均で2時間以上早まっています。

ホンダ・ドライビングデータサービスは2017年12月に活動を開始し、約370万台のホンダ車から集まる走行データ、車両の挙動データなどを活用し、渋滞対策、都市計画、防災、交通事故防止など社会課題の解決を目指すデータサービス事業です。

このサービスの目的は、渋滞路・迂回路通過の所要時間を表示することで、ドライバーに迂回を促し、交通量を分散して渋滞を低減することにあります。車両の走行データを活用し、道路上に所要時間を表示するサービスの提供は、日本の自動車メーカーとして初めてです。

なお、旅行時間表示サービスは、すでにいくつかの企業・自治体から導入の意志が表明されており、2021年秋の活用開始に向けて準備を進めているということです。

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る