ダイハツ「タフト」の特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」先行受注スタート

ダイハツは2022年7月27日、今秋に発売を予定している軽クロスオーバー「タフト」の新たな特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」の情報を公開し、先行受注を開始した。なお、同じタイミングで「タフト」シリーズのイメージを強調するボディカラーの追加や、利便性を向上させた9インチスマホ連携ディスプレイオーディオを設定するなど商品強化も実施される予定だ。

新設定される特別仕様車「タフト Gターボ”ダーククロム ベンチャー」

2020年に発売した「タフト」は、“Tough & Almighty Fun Tool ”「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」がコンセプトで、幅広いユーザー層に支持されている。

Gターボ”ダーククロムベンチャー」のインテリア

そして2021年5月に発売して好評の特別仕様車「クロム ベンチャー」に加え、よりタフさを演出するダークブラックメッキやガンメタリック塗装、ブラックマイカメタリック加飾を施した「ダーククロム ベンチャー」を新たに設定し、今秋から発売されることになった。

新設定される9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ

また、好評のアースカラーに新たなセラミックグリーンメタリックと力強さを感じるクロムグレーメタリック、レーザーブルークリスタルシャインの3色をベース車も含め追加設定する。その他では、音声認識機能やワイヤレス接続に対応した9インチスマホ連携ディスプレイオーディオを設定するなど装備もアップデートされることになる。

「タフト」商品改良の詳細情報:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/pdf/taft_teaser_leaf.pdf

ダイハツ タフト 関連記事
ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る