ダイハツ 「タフト」の追加情報 ガラスルーフは全車標準装備

ダイハツは2020年4月1日から新型軽自動車のクロスオーバーSUV「タフト」の先行予約受注が始まっていますが、まだ新型「タフト」は正式発表しておらず、4月20日に追加の情報が発信されました。

全車に標準装備される「スカイフィールトップ」開放感がすごい

タフト概要

パッケージのコンセプトは「バックパック・スタイル」を目指していることが明らかになりました。

ボディカラーは「レイクブルーメタリック」

アクティブに個人で旅する人のバックパッカーが背負うリュックのように機動性に優れた性能を新型「タフト」は備えているというわけです。

ボディカラーは「フォレストカーキメタリック」

フロント・シートの頭上に設置した大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」は全車標準装備で、広く明るい室内は、かつてない開放感と非日常感を生み出します。

この「スカイルーフトップ」によってはワクワク感を表現し、フロントシート周りには多彩な収納スペースを設置し、それらを「クルースペース」と呼んでいます。

一方、リヤは自由自在にアレンジできるようになっており、日常での買い物からレジャーまで自在に使える「フレキシブルスペース」とし、フレキシブルな積載性を備えていることがアピール・ポイントになっています。

【ボディカラー】
◆レイクブルーメタリック
◆フォレストカーキメタリック
◆サンドベージュメタリック
◆レモンスカッシュクリスタルメタリック
◆スプラッシュブルーメタリック
◆ブラックマイカメタリック
◆シャイニングホワイトパール
◆コンパーノレッド
◆ブライトシルバーメタリック
全9色で、従来にない新色も設定されています。

車名の「タフト」は、「Tough&Allmighty Fun Tool」の頭文字を使った造語で、日常からレジャーシーンまで、どんな場面でも毎日を楽しくしてくれる相棒になるクルマという意味です。

新型「タフト」特設EBサイト:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/special/

ダイハツ タフト 関連記事
ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る