ダイハツ「ロッキー」にシリーズ式ハイブリッドを追加し11月発売

ダイハツは2021年10月1日、ロッキーに新開発のシリーズ式ハイブリッドを搭載する追加モデルを11月に発売すると発表した。これに先立ち、公式ホームページで一部情報を公開し、試乗予約キャンペーンも同時に開始した。

新型e-SMART HYBRID ロッキー特設サイト:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/rocky/special/

現行モデルのロッキーは、Aセグメントの5ナンバーサイズで、コンパクトSUVモデルとして2019年11月に発売し、兄弟モデルのトヨタ ライズと合わせてヒット作となっている。発売から2年を経て、いよいよ新開発のシリーズ式ハイブリッド(e-SMART HYBRID)を搭載したモデルが満を持して追加されることになる。

「e-SMART HYBRID」と呼ばるシリーズ式ハイブリッドのため、エンジンは発電専用で100%モーターで走行するシステムだ。シリーズ式ハイブリッド向けに専用開発したエンジンは、3気筒1.2Lで、アトキンソンサイクルを採用していると推定され、最大熱効率は40%としている。

レスポンスが良く高トルクのモーター走行により、このクラスでトップレベルの加速性能を実現しているという。

モーター走行に合わせ、アクセルの踏み加減、戻し加減で加減速を行なうワンペダル・ドライブの「スマートペダル」を設定。ペダルのモードはノーマルモードと、燃費重視のエコモード、さらにスマートペダルOFFも選択できるようになっている。

ダイハツ ロッキー 関連記事
ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る