ダイハツ「ムーヴ キャンバス」フルモデルチェンジ!カワイイ&シックなキャラにターボも追加

ダイハツは2022年7月5日、軽自動車ハイトワゴン「ムーヴ キャンバス」を6年振りにフルモデルチェンジし、新たに「ストライプス」、「セオリー」という2種類のキャラクターを設定し、7月13日に発売すると発表した。

ムーヴ キャンバス ストライプス Gターボ

初代ムーヴ キャンバスは、スーパーハイトワゴンよりは全高を抑えたハイトワゴンで、愛らしくバランスの取れたデザイン、利便性の高いリヤ・スライドドアを採用した新感覚のスタイルワゴンとして2016年に登場し、女性ユーザー向けとして好評を博した。

若い女性層や母娘など家族で共用する、スタイリッシュで、しかもリヤ・スライドドアを装備した新しいカテゴリーの軽ワゴン像を作り出すことに成功したモデルと位置付けられる。

新型の商品企画にあたり、若い女性だけでなく、より幅広い年齢層、さらに男性もターゲットにしている。そのため、ターボ・エンジンも追加ラインアップしている。

ストライプス Gターボのインテリア

また同時に、メイン・ターゲットの若いユーザー層の価値観の変化に合わせ可愛さから、洗練、シンプルで明快なデザイン・テイストにシフトさせ、スマートフォン・ネイティブ、つまりジェネレーションZに対応したコネクティビティを取り入れることにしている。

今回のフルモデルチェンジでは、初代の愛らしさを継承しながら、すっきりと洗練させた新キャンバス「ストライプス」と、上質で落ち着いた世界観の「セオリー」を設定し、2つの個性を展開することでより幅広いユーザー層にアピールできるようにしている。

「ストライプス」は、可愛らしいデザイン・テイストを継承しつつ、洗練したすっきりとしたデザインも融合。等身大志向の若年層が共感できるクルマとして「わたしたち似てるよね。」をキャッチフレーズにしている。

デザイン面では、ムーヴ キャンバスの特長であるスマイルフェイスをベースに、すっきりさせたフロントデザインで、全体的に丸みを強調させた張りのあるデザインとしている。

インテリアは、ホワイトを基調としたインスツルメントパネルを採用し、シンプルですっきりとした明るいインテリアとし、自分の部屋のように寛げるプライベート空間を実現。また新開発のフルファブリック・シートでソファのような座り心地の良さをアピールしている。

ムーヴ キャンバス セオリー Gターボ

「セオリー」は、キャンバスの新しい世界の広がりを目指し、こだわりのある大人世代のために除湿で落ち着いた質感を追求したモデルで、「大人のキャンバス、はじまる。」をキャッチフレーズとしている。

デザインは、シックなボディカラーにさりげなく輝くメッキ加飾をアクセントとし、上質さを訴求。インテリアは、ブラウンとネイビーを組み合わせ、落ち着いた室内空間としている。本革巻のステアリングホイールやシフトノブの採用で上品さを演出。シートは「ストライプス」同様、新開発のフルファブリック・シートでソファのような座り心地を実現している。

セオリー Gターボのインテリア

またユーザーの嗜好に合わせたカスタマイズも可能で、メーカーオプションとディーラーオプションを組み合わせる「アナザースタイルパッケージ」も設定されている。

アナザースタイルパッケージ

リラックススタイル(「ストライプス」専用)、エレガントスタイル(「セオリー」専用)、ビタースタイル(「セオリー」専用)というバリエーションになっている。

利便性では、好評の「置きラクボックス」(リヤシートしたの引き出しボックス)や両側スライドドアに新機能を追加するなど、より使い勝手の良さを追求。軽自動車初の「ホッとカップホルダー」など、機能的で快適装備を多数採用している。「ホッとカップホルダー」は、保温機能付きのカップホルダーだ。その他に 体を冷やしたくないユーザー向けに運転席/助手席シートヒーターも設定されている。

片手で引き出せる「置きラクボックス」

またパーキングブレーキは、電動パーキングブレーキ+オートブレーキホールド機能を新装備している。

スマートフォンとの連携は、ワイヤレス対応のApple CarPlay機能を搭載したディスプレイオーディオや、ダイハツ初の10インチ・ナビ(ディーラーオプション)を新設定。音声認識機能の追加や、ワイヤレス充電「Qi」も装備できる。

9インチ・スマホ連携ディスプレイオーディオ

新型ムーヴ キャンバスのプラットフォームはDNGAを採用し、軽量化と高剛性を両立。基本性能を高めると同時に、ユーザーの要望に合わせ駐車のしやすさや、狭い道路での操作性などで、落ち着いて操作ができる適度なステアリング操作性や、中長距離の移動でも快適に運転できる軽快な加速感や安定感のある乗り心地を実現している。

具体的には、低速域では操舵力を軽減するとともにステアリングの戻り制御を追加採用し、高速では操舵力を多目としている。

また加速特性では、アクセルの踏み始めの初期応答性を向上。サスペンションは、操縦安定性を十分確保しながら、低中速域での乗り心地を改良している。

パワートレーンは、最新のユニット「KF型」エンジンを搭載。また男性ユーザー向けに新たにターボ仕様も追加している。KFターボの場合はCVTはギヤ内蔵のD-CVTが組み合わされる。この結果、燃費性能(WLTCモード)と静粛性、発進性などを向上。燃費はWLTCモードで22.9km/Lとなり、従来から約10%向上している。

運転支援システムは、ステレオカメラを搭載するスマートアシストを装備し、衝突警報機能や衝突回避支援ブレーキ機能を夜間歩行者検知と追従二輪車検知に対応させるとともに検知距離、対応速度の向上を実現している。

また踏み間違い防止のため、ブレーキ制御付誤発進抑制機能を採用している他に、ACC(アダプティブクルーズコントロール)を採用している。

コネクトサービスでは、ディスプレイオーディオ、オプションのナビゲーションに対応する最新のダイハツコネクトが採用され、安全運転を促進する「スマアシレポート」などの機能が追加されている。

価格

ダイハツ ムーヴ キャンバス 関連記事
ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る