ダイハツ、ハイブリッド乗用車「メビウス」に先進の安全装備を搭載するなど一部改良

ダイハツ工業は、ハイブリッド乗用車「メビウス」を一部改良し、12月1日(金)から全国一斉に発売する。

ダイハツ メビウス 一部改良

「メビウス」はトヨタ自動車からOEM 供給を受け、2013年4月から販売を開始した5人乗りのハイブリッド乗用車。高い燃費性能や広く快適な室内空間で好評を博している。

今回の一部改良では、先進の衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全グレードに標準設定。「Toyota Safety Sense P」はミリ波レーダーと単眼カメラを用いたシステムであり、プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)、レーンディパーチャーアラート( ステアリング制御機能付)、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)といった機能を有することで、より高い安全性を実現した。

ボディーカラーについてもダークレッドマイカメタリック、スティールブロンドメタリックの2色を新規設定。全9色の幅広いカラーバリエーションから選択できるようになったのもポイントだ。

ダイハツ メビウス 一部改良 価格表


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る