ダイハツ 逆輸入車で新商用車ブランド「グランマックス カーゴ」「グランマックス トラック」を発表

ダイハツは2020年6月22日、新型小型商用車「グランマックス カーゴ」と「グランマックス トラック」を発表しました。発売は9月4日です。

グランマックス カーゴ GL(ホワイト)

ニューブランド登場の背景

「グランマックス カーゴ」、「グランマックス トラック」は、トヨタの「タウンエース/ライトエース」と兄弟車です。もともと歴代の「タウンエース/ライトエース」は、ダイハツとトヨタが共同開発している商用車で、生産はダイハツのインドネシア現地法人、アストラ・ダイハツ・モーター社のスンター工場で生産し、現地向けのモデルを日本仕様にして逆輸出され、「タウンエース/ライトエース」として販売されていました。

グランマックス カーゴGL 4WD/4ATのインテリア

今回、ダイハツとして初めて自社ブランドとして「グランマックス カーゴ」、「グランマックス トラック」を国内で販売することになり、ダイハツとしては初の海外生産車の販売となっています。

ダイハツはこれまで商用車は軽自動車の「ハイゼット」シリーズを販売してきましたが、この「グランマックス カーゴ」、「グランマックス トラック」の導入によりBセグメントの1トン クラスの商用車がラインアップに加わったことになります。

モデル概要

「グランマックス カーゴ」は750kg、「グランマックス トラック」は800kgの最大積載量となっており、軽商用車よりも多くの荷物を積みたい顧客のニーズに答えることができます。


「グランマックスカーゴ」は、床面地上高620mmの低床フロア、広いバックドア開口部により、荷室への荷物積み下ろしがしやすく、ドア開口幅790mmの両側スライドドアにより、狭い場所でも荷物の積み下ろしが容易です。

最大荷室長は2045mm(2名乗車時)を実現。スクエアな荷室とし、段ボール箱から背高の荷物、家具などの大型荷物まで積載ができます。

グランマックス トラック GL(ホワイト)

「グランマックス トラック」は、荷台フロア長は2480mmのスクエアでフラットな広い荷台スペースとし、様々な業種に適合する荷台となっています。またアオリ高は360mmとし、20個のロープフックにより、しっかりと荷物を固定することができます。

いずれも最小回転半径は4.9m(4WDは5.3m)と小さく、狭い道路でも優れた取り回しとなっています。

エンジンはダイハツが新開発した小型車1.5Lの新開発4気筒エンジン(2NR-VE型)を搭載し97ps/134Nmを発生します。この新型エンジンは可変バルブタイミング機構「デュアルDVVT」を採用し、燃費性能と力強いトルクを両立。

また、前席下にエンジンを配置するフロントミッドシップレイアウトとしたことで、理想的な前後重量配分とし、高速域やカーブでも高い走行安定性を実現しています。また全国の地域に適合できるよう、駆動方式はFRと4WDを設定。トランスミッションは4速AT、5速MTをラインアップしています。

予防安全装備として「スマートアシスト」を装備。新型軽クロスオーバー「タフト」に続き、新開発のステレオカメラを採用しており、夜間の歩行者にも対応する衝突回避支援ブレーキ機能や、ペダルを踏み間違えた際の急発進を抑制するブレーキ制御付誤発進抑制機能(AT車)、車線逸脱警報機能、先行車発進お知らせ機能、オートハイビームなど6機能を備えています。

価格

ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る