ダイハツ 新型「アルザ」発表 マレーシアの国民車がフルモデルチェンジ

ダイハツのマレーシアにおける自動車生産・販売の現地合弁会社であるプロドゥア(セランゴール州)は2022年7月20日、Bセグメントの国民車、「ALZA(アルザ)」を約13年振りにフルモデルチェンジし発売した。

プロドゥアは、1993年にダイハツとの協業により創業した小型車を中心としたマレーシア第二の国民車メーカーで、2006年から2021年まで16年連続でマレーシア国内販売シェアトップを獲得している。2021年3月には、ダイハツの海外事業におけるDNGA第1弾となるコンパクトSUV「Ativa(アティバ)」を発売し、今回の「ALZA」が第2弾となる。

アルザは、これまでスタイリッシュなデザインと、コンパクトなボディながら広い室内空間、多様なアレンジが可能な3列シートなどが特長の7人乗りコンパクトMPVであり、2009年の初代モデル発売以来、ファミリー層を中心に好評を博していた。

今回のフルモデルチェンジでは、2021年11月にインドネシアで発売した「XENIA(セニア)」と共通となるDNGA Bセグメント用プラットフォームを採用し、Bセグメントでトップレベルのゆとりある広くて使いやすい室内空間に進化させている。

また、D-CVTを搭載し、燃費性能を向上させながら、快適な走行性能を実現。さらに、インテリア・エクステリアデザインはマレーシアに合わせたスポーティなスタイルに仕上げ、さらに使い勝手の良さも向上させながら、国民車に相応しい価格設定としている。

安全性能については、自動車事故を未然に防止する衝突回避支援システム「スマートアシスト(現地名:Advanced Safety Assist)」を全グレードに標準装備化している。

搭載エンジンは自然吸気1.5Lの2NR-VE型。D-CVTを組み合わせている。ボディサイズは全長4425mm、全幅1730mm、全高1660〜1670mmで、3列シートにより7人乗りとなっている。

プロドゥア 公式サイト

ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る