【東京オートサロン2022】ダイハツ 新型ハイゼット/アトレー&ロッキーのカスタムカーを出展

ダイハツは2021年12月23日、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で2022年1月14日から開催される「東京オートサロン2022」に新型「ハイゼット」や「アトレー」、ダイハツのハイブリッド「e-SMART HYBRIDロッキー」をベースにしたカスタマイズカーを5台出展すると発表した。

アトレーデッキバンキャンパーVer

今回のテーマは、「DAIHATSU VILLEGE2022小さな挑戦、これからも。」をテーマとし、小さなクルマへのこだわり、新たな時代に向けた第一歩を、カスタマイズの世界で表現する。

また、今回初の試みとして、リアル会場とオンライン特設サイト(バーチャル会場)の2拠点発信を実施する。

出展するカスタマイズカーは、12月20日にモデルチェンジした新型アトレーデッキバン「キャンパーVer」や、11月に追加した新ロッキー「クロスフィールドVer」など、ベース車両のキャラクターを活かしたカスタマイズカーとして仕上げている。

また、発売から61年を迎え、1960年に発売された初代から今回モデルチェンジの新型まで歴代全モデルを展示する。

オンライン特設会場では、前回好評を博したオンラインコンテンツをさらに充実。具体的には、youtuberコラボによる商品紹介やハイゼット現場探訪等を用意。また、ダイハツ公式twitter「ハロー!ダイハツ」において、会場から車両紹介のライブ配信も予定している。

この他に全国ダイハツ販売店舗から応募できる「夢のイラストキャンペーン」もご用意している。

東京オートサロン2022特設サイト:
https://www.daihatsu.co.jp/learning/event/tokyo_as2022/

ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る