ダイハツ 【インドネシア国際オートショー2021】Bセグメントの新型「セニア」など7台を出展

ダイハツは2021年11月11日、インドネシアの現地法人のアストラ・ダイハツ・モーターは、同日からジャカルタで開催される「ガイキンド・インドネシア国際オートショー2021」に、フルモデルチェンジしたBセグメントのコンパクトMPV「セニア」など、7台の市販車やショーモデルを出展すると発表した。

なおインドネシア国際モーターショーは、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、今回はリアルとオンラインを融合したイベントとして2年振りの開催となっている。

東南アジア戦略モデルの新型セニア

ダイハツのブースはエリアを大きく2つに区分し、ファミリーエリアでは新型「セニア」2台に加え、政府が推進するローコストグリーンカー(LCGC)対応のMPVとして「シグラ」、SUV「テリオス」各1台など7人乗り3列シート車を出展している。

ユースエリアでは2021年4月に発売したコンパクトSUV「ロッキー」2台やLCGC政策対応ハッチバック車「アイラ」など5人乗りコンパクトカー展示。「ロッキー」のうち1台は、オリジナルカラーやアクセサリーでドレスアップしたショーモデルとなっている。

新型「セニア」は10年振りのモデルチェンジで、ダイハツの新世代クルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」による初のBセグメントコンパクトカーで、3列シート/7人乗りのMPVモデルだ。

新型セニアはDNGAを採用したインドネシアにおける第2弾商品で、これまで同様に新興国小型車事業の一環として、トヨタへOEM供給が行なわれ、トヨタ「アヴァンザ」の車名で
も販売される。

今回のフルモデルチェンジでプラットフォームを一新するのに合わせ、初めてFFレイアウトの高効率パッケージを採用している。コンパクトなボディサイズながらMPVにふさわしい広い室内空間を進化させるとともに、基本性能や安全性能を向上させている。

ボディサイズは全長4395mm、全幅1730mm、全高1700mmで、サイズ的はCセグメントに近いB+セグメントとなっている。

搭載エンジンは1NR-VE型の自然吸気1.3Lと2NR-VE型の自然吸気1.5Lをラインアップ。トランスミッションは5速MTとD-CVTを設定している。

エクステリア、インテリアのデザインはよりスポーティな印象に仕上げるとともに、使い勝手の良さも向上させながら、低価格を維持している。

安全性能は2021年4月に発売した新型コンパクトSUV「ロッキー」に続き、予防安全装備「スマートアシスト(現地名:Advanced Safety Assist)」を導入している。

ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る