ダイハツ 過疎地でのモビリティサービスの取り組みを全国で展開

ダイハツは2021年3月31日、2021年度から多くの人の自由な移動をサポートするモビリティサービスを、全国で本格的に進めていくと発表しました。

1月からはカーシェアリング「トヨタシェア」に参画し、一部の販売会社でサービスを開始していますが、それに続くモビリティサービス(MaaS)として、4月1日から長崎県・五島市・岐宿地区で、ダイハツ長崎販売、五島市、アイシンと協力し、オンデマンド乗合送迎サービスを始めます。

ダイハツが販売会社とともに乗合送迎サービスを行なうのはこれが初めてとなり、今後は全国の販売会社へ展開を図るとしています。

これまでダイハツは、地方部における高齢化や公共交通機関の減少を背景に、「いくつになっても自由に移動できる自立した生活」を実現するため、2017年から「地域密着プロジェクト健康安全運転講座」を開始し、全国80カ所で実施してきています。

これは産官学民が連携し、高齢ドライバーの健康を維持し、より安全に長く運転ができるようサポートすることを狙いとした活動で、一方で社会問題ともなっている運転免許返納後の高齢者の人々に対し、日常生活での移動手段を提供する取り組みができないか検討を続けてきました。

今回新たに行なうサービスは、アイシンが提供する「チョイソコ」を使用し、五島市、アイシン、ダイハツ長崎および地元タクシー会社がともに実施する「オンデマンド乗合送迎サービス」です。

移動手段の限られた地域の人々が移動したいときに気軽に予約ができ、医療機関や公共機関、スーパーマーケットなどの目的地まで送迎を行なうシステムです。

外出することが認知症予防につながるといわれている中、このサービスを通じ、高齢者の人々の健康維持をサポートすることで、ダイハツ長崎とともに地域の方々の日常に寄り添った活動を目指すとしています。

3月31日に五島市・岐宿地区にて、お披露目式が行なわれ4月1日から9月30日までのトライアル期間で改善点などを洗い出し、10月1日から本格運営を開始する予定になっています。

また、全国各地のダイハツ販売会社はモビリティサービスのさらなる展開に繋がるよう、検証と改善を進めて行くとしています。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る