ダイハツ 軽トラックに搭載可能なワーケーション用オフィスの実証実験を開始

ダイハツは2020年12月25日、新潟県・妙高市、NTTドコモ、コンサルト企業の青山社中と共同で、軽トラックに搭載可能なワーケーション用オフィスの実証実験を2021年1月12日から妙高市で開始すると発表しました。

この実証実験は、コロナ禍での新たなワーケーションのひとつのスタイルを試すもので、この実証実験では一般利用者向けにモバイルワークステーションを搭載した軽トラックの貸し出しサービスを行なうことになっています。

この実証実験は、妙高市が2020年度に実施し、青山社中が規格・運営支援を行なった課題解決型の官民連携プラットフォーム「みょうこうミライ会議」から提言された施策のひとつです。新型コロナウイルス感染拡大下でのテレワークの拡大、政府の観光戦略実行推進会議で提言されているワーケーションによる観光市場の拡大方針を背景に、クルマに乗って好きな観光地で、好きな時間にテレワークを使用して働くことができる、という新しい働き方の有効性や事業化に向けた課題を見出すために行なわれます。

ダイハツ、妙高市、NTTドコモ、青山社中はこの実証実験を通じてモバイルワークステーションサービスの検証を行ない、居住性、オフィスとしての機能性、シェアリングプラットフォーム導入による無人の貸し出し、課金決済機能の強化など、今後の高機能化に向けた検証を行なうことになっています。

今回の実証実験は冬季のため、ターゲットユーザーはスキー、スノーボード愛好家とされ、モバイルワークステーションを搭載した軽トラックを使用して妙高市内にあるスキー場などでワーケーションを行なうことが想定されています。

つまりスキーやスノーボードを楽しむ一方で、テレワークによる仕事を両立させるなどのユースケースが検証されます。

実証実験の期間は2021年1月12日~3月31日で、妙高市内のニコニコレンタカーで予約した後、レンタカー店舗、または妙高高原駅前ロータリーで、モバイルワークステーションを搭載した軽トラックが引き渡されるようになっています。

レンタカー予約事業者「ニコニコレンタカー妙高高原店」

妙高市 公式サイト

ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る