フォルクスワーゲン「up! GTI」試乗レポート ボディは小さくても走りは本物

マニアック評価vol601
フォルクスワーゲンのGTIシリーズが6月に発表されたが、従来からラインアップされている「ゴルフGTI」「ポロGTI」以上に注目を浴びたのが、新登場の「up! GTI」だろう。220万円という価格と、全長3625mm、全幅1650mm、全高1485mm、車両重量1000kgというAセグメントのコンパクトなサイズのGTIモデルは、マニア層には相当のインパクトだ。その注目のup! GTIを試乗したのでレポートしよう。<レポート:松本晴比古/Haruhiko Matsumoto>


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る