フォルクスワーゲン ビッグマイナーチェンジ「ティグアン」を発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年5月12日、4年振りにビッグマイナーチェンジ行なった新型「ティグアン」を発売しました。なお高出力モデルの「ティグアンR」は今秋以降のデリバリーとなる予定です。

ティグアン TSI エレガンス

マイナーチェンジによりエクステリアのデザインのブラッシュアップを行ない、さらにエンジンを1.4TSIエンジンから新たに1.5TSIエンジン変更し、トランスミッションを7速DSGとするなどパワートレインを刷新。

1.5TSIエンジンは、アクティブシリンダーマネージメント(気筒休止機能)が採用されており、走行シーンに応じて瞬時に4気筒から2気筒へ切り替え、燃料消費量を抑制できます。

ティグアン TSI R-Line

ボディサイズは、全長が従来モデルと比べて15mm伸びて4515mm、全幅1840mm、全高1675mm、ホイールベース2675mmは変更なしで、SUVらしいスクエアなボディスタイルから想像される広い室内空間を実現しています。

また先進安全システムとして同一車線内全車速運転支援システム「トラベルアシスト」やLEDマトリックスヘッドライト「IQライト」など、最新の先進運転支援システムを採用。

ティグアンTSI R-Lineのインテリア

さらに常時コネクティッドの新世代インフォテイメントシステム「Ready2Discover」、「Discover Pro」を採用し、コネクティビティも強化しています。

また、今回のマイナーチェンジによって、フォルクスワーゲンのSUVとして初めてスポーツグレードが設定されています。

新たに追加された高性能スポーツモデル「ティグアンR」は、フロント、リヤデザインに加え、専用デザインの21インチアルミホイール、ブルーにペイントされたブレーキキャリパーやクロームのデュアル・ツインエキゾーストパイプなどの専用アイテムを装備。

精悍なマスクのティグアンR

そしてエンジンは320ps/420Nmを発生する2.0TSI高出力仕様のエンジンを搭載。新開発の高トルク対応7速GSDと、「Rパフォーマンス・トルクベクタリング」と名付けられたトルクスプリッター付き4WDシステムをフォルクスワーゲンとして初採用。

「Rパフォーマンス・トルクベクタリング」は、前後、左右輪の駆動トルクを走行状態に合わせて自在に制御することで高次元の運動性能を実現。0-100km/h加速は4.9秒と傑出した動力性能を備えています。

ステアリングはプログレッシブ・ステアリングを装備し、取り回しや駐車時に必要な力が大幅に軽減され、一方で俊敏なハンドリングを生み出すことができます。その他に、ドライブモード内の専用に開発された「RACE」モードでは、エンジンサウンドが高まり、トランスミッションやダンパー調整などをよりスポーティな設定に変更されます。

このように「ティグアンR」は、フォルクスワーゲンのSUVラインナップの新たなフラッグシップモデルと位置づけられています。

導入記念特別仕様車「TSI First Edition」

新型ティグアンの日本導入を記念し、特別仕様車「TSI First Edition」が設定されています。この特別仕様車はTSIエレガンスをベースとし、ノワゼット/チタンブラックの2トーンカラーの専用レザーシートとウッドパネルを採用した特別仕様車です。

導入記念特別仕様車「TSI First Edition」

TSI R-Line同様のブラックルーフライニングを採用し、落ち着いたシックな内装とし、19インチのアルミホイールとアダプティブコントロール「DCC」を標準装備。ボディカラーはTSIエレガンスと共通の5色に加え専用色となるジンジャーブラウンメタリックも設定しています。

価格

フォルクスワーゲン ティグアン 関連記事
フォルクスワーゲン 関連記事
フォルクスワーゲン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る