フォルクスワーゲン「T-ロック」にTSIモデル 「T-クロス」に「TSI R-Line」を追加

T-ロック

フォルクスワーゲングループ ジャパンは2021年5月13日、コンパクトサイズのクーペ風クロスオーバーSUV「T-ロック」に、TSIガソリンエンジン・モデルを新たに追加設定し発売しました。

1.5 TSIエンジン

今回追加設定されるガソリンエンジン・モデルは、1.5TSIエンジンと7速DSGの組み合わせを採用。この1.5TSIエンジンは、アクティブシリンダーマネジメント(気筒休止機能)が搭載され、走行シーンに応じて4気筒から2気筒へ切り替えられ燃料消費率の改善に寄与します。

最高出力150psのこの1.5TSIエンジンは、1500回転という低回転から250Nmの最大トルクを発生。日常での扱いやすさと燃費性能を両立。

運転支援システムは、すでに導入済みのTDIグレードと同様の装備を設定し、先行車を完全停止状態まで自動追従して走行する、アダプティブクルーズコントロール「ACC(全車速追従機能付)」やデジタル・メータークラスターなどの上級モデル譲りの先進安全装備や快適装備を標準装備としています。

インフォテイメント・システムは常時コネクティッドの新世代インフォテイメント・システムを採用し、オンラインサービス「We Connect」、「We Connect Plus」と合わせることで、最新の渋滞情報や運転に必要な情報の入手が可能です。

T-ロックTSI Style

「T-ロック」は2トーンカラーの選択が可能で、エクステリアカラーによってはインテリアもボディカラーと同色系にカラーコーディネートできる「TSI Style Design Package(スタイル デザインパッケージ)」は、税込みで25万5000円高。また、パノラマ・スライディングルーフを新たなオプションとして設定し、オプション体系もさらに充実しています。

なお、今回からディーゼルモデルの「TDI Style」、「TDI Style Design Package」の標準純正インフォテイメントシステムは「Ready 2 Discover」に変更することでプライスダウンを行なっています。またTDIモデルの一部グレードには、新たにパノラマ・スライディングルーフをオプションとして追加設定しました。

価格

T-クロス

フォルクスワーゲンのSUVシリーズの中で、最もコンパクトサイズのSUV「T-クロス」に、デザイン性をより高めた最上級モデルとして「T-クロス TSI R-Line」を新たなグレードとして設定しました。

T-クロス TSI R-Line

追加設定された新グレードの「TSI R-Line」は、R-Line専用のエクステリアとインテリアを装備し、新デザインの18インチ・アルミホイールを装着。

さらに他のグレードではオプション装備のレーンキープアシストシステム「Lane Assist」や駐車支援システム「Park Assist」などの運転支援システムがセットとなったセーフティパッケージを標準装備することで、スポーティでダイナミックなスタイリングと安全性を兼ね備えたモデルとなっています。

TSI R-Lineのインテリア

パワートレーンは、他のグレード同様に1.0L 3気筒のTSIエンジンに7速DSGを組み合わせ、軽快かつ俊敏な走り、SUVならではの使い易さ、高次元の安全性、快適性を実現しています。

価格

フォルクスワーゲン T-ロック 関連記事
フォルクスワーゲン T-クロス 関連記事
フォルクスワーゲン 関連記事
フォルクスワーゲン 公式サイト


ページのトップに戻る