パサートにゴルフGTIの220psエンジンを搭載した「Rライン」が登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社は、2015年の新型導入以来 1.4L TSI エンジンを採用してきたパサート「R-Line」に、よりパワフルなドライビングを可能とする2.0L TSIエンジンを搭載した「Passat2.0TSI R-Line(パサート 2.0ティ ーエスアイ アールライン)」と「同 Variant 2.0TSI R-Line(ヴァリアント 2.0 ティーエスアイ アール ライン)」を追加、2016年9月6日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売する。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る