フォルクスワーゲン パサート/パサートバリアントにTDIモデルを導入

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月14日、ミッドサイズセダン/ステーションワゴンモデルの「Passat/Passat Variant」に、日本のポスト新長期排ガス規制をクリアした「TDI」エンジンを搭載した「Passat/Passat Variant TDI」を導入し、同日から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売する。今回導入する「Passat /Passart Variant TDI」には、内外装と機能装備を充実させた「TDI Eleganceline」とさらなる上級装備を装着した「TDI Highline」の2グレードをそれぞれのモデルに設定している。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る