フォルクスワーゲン、アクティブに活躍するディーゼルモデル・新型「パサートオールトラック」登場

フォルクスワーゲングループジャパンは、クロスオーバー4WDディーゼルモデルの新型「Passat Alltrack(パサートオールトラック)」を、2018年10月31日から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて販売を開始した。
フォルクスワーゲン パサートオールトラック

新型「パサートオールトラック」は、長距離走行に適した最新の2.0L TDIエンジンと、卓越した走りを実現する4MOTIONを組み合わせ、ラフロードにも対応するオールラウンドな走行性能を持ちながら、ディーゼルならではの環境性能と優れた燃費・経済性を兼ね備えている。さらにパサートヴァリアントが有する優れた積載性、機能性も持ち合わせていて、アウトドアレジャーやロングトリップなどアクティブなライフスタイルに最適なディーゼル専用モデルであり、シリーズにおいても唯一のモデルとなっている。
フォルクスワーゲン パサートオールトラック
フォルクスワーゲン パサートオールトラック

新型「パサートオールトラック」が有する先進テクノロジーは、パサートヴァリアントと同様に、渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」や駐車支援システム「パークアシスト」、液晶デジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」などを備えている。専用のオフロードモードによって、ラフロード走行に最適な制御が行なえることに加え、路面状況に応じた最適な前後トルク配分を行う『4MOTIONテクノロジー』によって、どのようなロードコンディションにおいても、ドライバーに安心感のある安定した走りを提供してくれる。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る