フォルクスワーゲン「ゴルフ トゥーラン」を一部改良

フォルクスワーゲングループジャパは2021年4月16日、コンパクト・ミニバンの「ゴルフ トゥーラン」を仕様変更し、パワートレーンの改良、インフォテイメント、安全性の強化を行なって発売しました。

ゴルフ トゥーラン TDI ハイライン

現行モデルの「ゴルフ トゥーラン」は2016年に発売されたコンパクトミニバンで、「MQB」プラットフォームを採用し、上級モデルに採用している先進安全装備を数多く装備しています。

ゴルフ トゥーラン TDI ハイラインのインスツルメントパネル

今回の仕様変更は、パワートレーン・インフォテイメント、安全性などをアップグレードしています。

ガソリンエンジンでは、従来搭載されていた1.4TSIエンジンに代わり、新たに新世代の1.5TSIエンジンを新採用しています。1.5TSIエンジンは気筒休止システムを搭載する最新のTSIエンジンです。

従来の1.4TSIに代わる新エンジン「1.5TSI」は150ps/250Nmを発生

またディーゼルエンジンはトランスミッションが、従来の6速DSGに代わり7速DSGを採用し、今まで以上にスムーズなシフトチェンジを実現しています。

インフォテイメントにおいては、常時オンライン接続となる最新世代のインフォテイメントシステム「レディ2ディスカバー」、「ディスカバープロ」を採用し、最新のオンラインサービス「We Connect」の利用が可能となりました。

さらに「ゴルフ トゥーラン」では初めてデジタル・コックピット・プロをコンフォートライン以上のグレードに標準設定しました。

また、エントリーグレードのTSIトレンドラインにレーンチェンジアシストシステムを、そしてTSIトレンドラインとTSIコンフォートラインにリヤビューカメラを標準設定とし、全方位の先進安全装備を全てのグレードで標準設定とするなど安全性を高めています。

主要諸元と価格

フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン 関連記事
フォルクスワーゲン 関連記事
フォルクスワーゲン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る