フォルクスワーゲン「アルテオン」がマイナーチェンジしシューティングブレイクが新たにデビュー

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年7月13日、マイナーチェンジしてさらに進化したフラッグシップの「アルテオン」と、新たに「アルテオン シューティングブレーク」を設定し、発売しました。

2017年に日本に導入された「アルテオン」は、スポーツカーのデザイン要素を取り入れた大型リヤハッチを持つファストバックスタイルで、広い室内空間を実現した実用性の高いパッケージングと、2.0TSIエンジン4MOTIONのパワートレインによる高次元の走行性能を融合させたフラッグシップのグランツーリングカーです。

今回、マイナーチェンジした新型アルテオンは、フロント、リヤ周りのエクステリアデザインをリフレッシュするとともに、ダッシュパネル全体のデザインを改良し、上質で洗練されたインテリアを実現しています。

インスツルメントパネルの上部とドアトリムは新たに高級感のあるレザレット仕上げとなり、ステッチ装飾を施すことでラグジュアリーさを感じさせる高い質感のインテリアとなっています。

ダッシュパネルの2層目が、「エレガンス」では新しいウッドパネルを、「R-Line」ではアルミニウムパネル仕上げとしています。また、全車標準装備のアンビエントライトは、最大30色のカラーを選択することが可能で、インテリアの雰囲気をカスタマイズできます。また、エアコンのディスプレイもデジタル化され、完全に新しいデザインへと進化しています。

また、今回のマイナーチェンジに合わせ、ワゴンとしての機能性とスポーティでアグレッシブなデザインを兼ね備えた「シューティングブレイク」も追加設定されました。

ボディサイズは、全長4870mm、全幅1875mm、全高1445mm、ホイールベース2835mmで、ファストバック、シューティングブレイクとも全く同じサイズとなっています。

ラゲッジ容量は、アルテオンが563L/1557L、シューティングブレイクが565L/1632Lで、いずれもクラス最大です。またリヤ席の足元スペースもDセグメントで最大の余裕サイズとなっています。

運転支援システムは、最新の同一車線内全車速運転支援システム「トラベル・アシスト」を全車標準装備。その他、通信モジュール内蔵の純正インフォテイメントシステムとデジタルメーターパネル「デジタルコックピットPro」を全車標準装備としています。

パワートレーンは、272ps/350Nmを発生する2.0L4気筒TSIエンジンを搭載。7速DSGと4MOTION(フルタイム4輪駆動)との組み合わせにより、力強く気持ち良い加速を実現しています。また、乗り心地の調整が可能なアダプティブシャシーコントロール「DCC」を全車標準装備とし、ドライバーの意思に忠実なダイナミックな走りを実現しています。

アルテオンシューティングブレイク 諸元表

価格

フォルクスワーゲン アルテオン 関連記事
フォルクスワーゲン 関連記事
フォルクスワーゲン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る