【動画】フォルクスワーゲンとフォードが提携 世界一のアライアンス誕生

この記事は2019年8月に有料配信したものを無料公開したものです。

フォルクスワーゲンとフォードは、2019年7月12日にニューヨークで、フォルクスワーゲングループのDr. ヘルベルト・ディースCEO、フォード社長兼CEOのジム・ハケット、そして「Argo(アルゴ)AI」のブライアン サレスキーCEOが出席した共同記者会見で、電気自動車を含む世界規模の提携を拡大することを発表した。

この提携では、自動運転技術を開発しているArgo(アルゴ)AIと協力し、アメリカ、ヨーロッパに自動運転技術を導入し、両社のコラボレーションにより競争力やコスト、投資の効率性を向上させるとしている。

共同記者会見に出席したフォルクスワーゲン・グループのDr. ヘルベルト・ディースCEO(左)、フォードのジムハケットCEO(中)、アルゴ AIのブライアン・サレスキーCEO
共同記者会見に出席したフォルクスワーゲン・グループのDr. ヘルベルト・ディースCEO(左)、フォードのジムハケットCEO(中)、アルゴ AIのブライアン・サレスキーCEO

フォード傘下のアルゴAIにフォルクスワーゲンも対等出資

またこの提携と同時に、フォルクスワーゲンは自動運転の技術プラットフォームを開発している「アルゴAI」に、フォードと横並びで出資することも発表した。

フォードは2017年に自動運転技術開発のベンチャー企業「アルゴAI」に対し、2022年までに10億ドル(約1100億円)を出資し、事実上の子会社化をしている。

したがって今回はフォルクスワーゲンが「アルゴAI」に10億ドルを出資し、フォードと対等の出資比率になった。じつは、今回の提携ではフォルクスワーゲンとフォードの直接的な資本出資はないが、フォード傘下のアルゴAIにフォルクスワーゲンがフォードと同額を出資することで、事実上の資本提携関係を結んだ、とも言うことができる。

フォルクスワーゲンとフォードが自動運転・EVで提携

今回の提携により、フォードとフォルクスワーゲンの協業では、ハケットCEOとディースCEOが議長を務め、両社の役員が名を連ねる共同委員会によって管理・運営されるという。

フォードは2018年7月に自動運転技術の開発を加速させるために、自動運転開発部門を独立させ、新会社の「フォード オートノーマス ビークルズ」を設立している。この新会社は事実上「Argo AI」と一体になって技術開発を担当する形になっている。この提携の結果、フォルクスワーゲン グループの自動運転技術開発会社「AID」も、アルゴAIと統合する。またフォルクスワーゲンの子会社「AID」の企業価値は16億ドルとされ、結果的にフォルクスワーゲンはこの提携のために合計26億ドル(約2825億円)を出資することになる。

フォルクスワーゲンとフォードが自動運転・EVで提携

今後は両社の自動運転技術に関してはアルゴAIが技術センターになり、それをベースに両社がそれぞれ自動運転車を開発するという形になる。

現時点では、アルゴAIのレベル4の自動運転技術はヨーロッパとアメリカで展開する計画で、2021年には量産モデルとして市場に送り出すという。

フォルクスワーゲンとフォードが自動運転・EVで提携

アルゴAI

アメリカのペンシルベニア州ピッツバーグに本社置くアルゴAI社とは、それまでグーグルとウーバー テクノロジーズで自動運転技術の開発を行なっていた2人のエンジニアが、2016年11月に設立したベンチャー企業だ。

人工知能(AI)の開発・構築に特化している点が高い評価を受けている。そして2017年にはフォードから10億ドルの出資を受け、同時期に公道での自動運転実証走行を実施している。

さらに、LiDARを開発しているプリンストン光波を買収している。2018年からは、フォードと協力してマイアミ、ワシントンDCなどの公道で、自動運転の実証実験を開始。それ以後、デトロイト、カリフォルニアなどでも公道走行を行なうなど、公道テストの規模を拡大している。

フォルクスワーゲンとフォードが自動運転・EVで提携

研究開発センターは、ピッツバーグの本社、ミシガン州ディアボーン、ニュージャージー州クランベリー、そしてカリフォルニア州パロアルトの4ヶ所で、合計500人のエンジニアが在籍し、さらにカーネギーメロン大学の研究室とも連携している。

そして今回、ドイツ ミュンヘンに拠点を置くフォルクスワーゲンの子会社「AID」は、アルゴAIのヨーロッパ本社看板に付け替え、AIDの現在のカール ハインツ ヴルムCEOが責任者に就任する。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る