【ジュネーブモーターショー2018】フォルクスワーゲン コンセプトカー「I.D.VIZZION」を公開

ジュネーブモーターショー2018

フォルクスワーゲンは2018年3月6日に始まったジュネーブモーターショーで、自動運転機能を備えたプレミアムクラスの電気自動車「I.D.VIZZION」をワールドプレミアした。「I.D.」ファミリーはすでに3モデルがコンセプトカーとして公開されているが、このI.D.VIZZIONはシリーズトップのプレミアム性を持つモデルとなっている。

フォルクスワーゲン I.D.VIZZION フロントイメージ

フォルクスワーゲン I.D.VIZZION リヤスタイル

I.D.VIZZIONは以下の12のキーポイントを元に開発されたモデルとなっている。
1. 新時代の自動車
「I.D.VIZZION」は、プレミアムクラスにフォルクスワーゲンが送り出す新世代のサルーンのコンセプトカー。
2. 時代を超越
バーチャルな操作と自動運転技術(レベル5)により、「I.D.VIZZION」は、2030年の世界へと時代を超越。
3. パラダイムシフト
「I.D.VIZZION」の先駆的なデザインで、フォルクスワーゲンは旅と移動のためのスペースを再定義。
4. 新たな自由
自動運転機能を備え、インターネットに常時接続する「I.D.VIZZION」は、乗員に新しい自由な時間を提供。
5. 三次元
「I.D.VIZZION」の操作は、オーグメンテッドリアリティ(拡張現実)技術(マイクロソフト HoloLens)を使用し、三次元の世界で実施。
6. 人工知能
学習機能を備えた「I.D.VIZZION」は、人工知能を活用して、“ホスト”経由で乗員とコミュニケーション。
7. 旅先でもリラックス
フォルクスワーゲンは、ユーザーニーズに合わせて最適化可能な広々としたラウンジとしてインテリアを再解釈。
8. 優れた快適性
「I.D.VIZZION」は、乗員の快適性を確認し、必要に応じて空調コントロールの設定やアンビエントライトなどを調整。
9. キーワードは生体認証
「I.D.VIZZION」は、顔認識システムにより乗員を確認し、ドアを開け、登録された各乗員のプロフィールに基づいた設定を適用(音楽、アンビエントライト、空調コントロールなど)。
10. 静粛なエレガンス
きわめて静かな電気モーター、先駆的なエアロダイナミクス、快適なサスペンションを搭載した「I.D.VIZZION」は、傑出したサルーン。
11. 「I.D.」ファミリーが成長中
「I.D.VIZZION」のデザインと車両アーキテクチャーにより、「I.D.」ファミリーにおける第4のモデルを提示。
12. 市販化へのカウントダウンを開始
フォルクスワーゲンの「I.D.」ファミリーは、全く新しい電気自動車。最初の「I.D.」モデルは2020年に発売予定。

駆動方式は電気モーターによる4輪駆動で、最大665kmの航続距離が可能な容量111kWhの高電圧リチウムイオンバッテリーを搭載している。充電方式はワイヤレス式を採用しているが、従来型の接触式充電システムにも対応。システムパワーは225kW、0−100km/h加速は6.3秒を記録している。最高速は180km/hとのことだが、これは電子リミッターが作動してのものとなっている。ボディサイズは5165/19647/1506mm。ホイールベースは3100mmと長く、4名乗車をしたときのインテリア空間は広大。積載スペースも4名乗車時に565Lを確保している。ちなみにタイヤサイズは255/30R24だ。

フォルクスワーゲン I.D.VIZZION インテリア

フォルクスワーゲン I.D.VIZZION パノラミックルーフ

インテリアはオーガニックな素材を採用しつつ、近未来的な操作性を兼ね備えたもの。大きなサイドウインドウと切れ目なしで前後に広がるパノラミックルーフによって、明るく心地よく、リラックスできる空間となっている。操作系のメインとなっているのは、ミックスドリアリティ(複合現実)と呼ばれているもの。ボイルコントロールやジェスチャーコントロールなどを通じてバーチャルアシスタントと対話することでさまざまな設定や操作が行なえる。ただ、センターコンソールにはロータリー/プッシュボタンが前後に各ひとつのみ装備されている。このマルチファンクションスイッチはエンタテインメントの音量調整など、乗員が慣れ親しんでいる機能を直感的に操作するためのもので、一般的な方向支持をマニュアルで出す場合にも使用されている。またI.D.VIZZIONを完全に停止させることも、このスイッチの操作で可能となっている。

「I.D. VIZZION」の技術仕様

寸法

全長:5,163mm
全幅:1,947mm
全高:1,506mm
ホイールベース:3,100mm
フロントトレッド:1,660mm
リヤトレッド:1,660mm
ホイール/タイヤ:255/30 R 24
ボディカラー:バラディ オレンジ

インテリア/積載スペース

可変“オープンスペース”:4座の一体型シート
積載スペース(4 名乗車時):565リットル
シートカバー(素材とカラー):サントロペ レザー

駆動システム / 航続距離 / 性能

フロント電気モーター:75kW
リヤ電気モーター:150kW
システムパワー/システムトルク:225kW
バッテリー容量:111kWh
航続距離(EU:NEDC サイクル):最大665km
加速(0~100km/h):6.3秒
最高速度:180km/h(レベル5、電子リミッター作動)

フォルクスワーゲン 関連情報

ジュネーブモーターショー2018

 


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る