ボルボXC40試乗記 モメンタム専用色のアマゾンブルーが魅力的

マニアック評価vol636
ボルボXC40がフルラインアップ揃い、モメンタムとR-Design(Rデザイン)に試乗してきた。プレミアムブランドの多くがコンパクトSUV(Cセグメントクラス)を市場に投入しているが、イコール、マーケットニーズが大きいということがわかる。ボルボが投入したXC40 は、初めてコンパクトSUVを北米市場でも販売するわけで、気合の入ったモデルであることは間違いない。

ボルボXC40モメンタムグレードに試乗
ボルボXC40モメンタムグレードに試乗

ガチのライバルとなるのは、BMW X1(417~627万円)、アウディQ3(369~469万円)、メルセデス・ベンツGLA(406~523万円)で、XC40 は389~549万円という価格帯。まさにガチンコ勝負になるが、あとは価格に見合った装備と、ブランドイメージで決めていくのかもしれない。

ボルボXC40はボルボ初のコンパクト用プラットフォーム「CMA」で造られたモデルで、これまで限定車を発表した時点で試乗できたものの、その限定車300台は即完売してしまった。今回はほかのグレードも含めたフルラインアップということで、エントリーに位置付けられているT4搭載の「モメンタム」に試乗してきた。また、T5搭載のスポーティモデルR-Designの試乗レポートはこちらを参考にしてほしい。
※関連記事:ボルボXC40試乗記 プレミアムコンパクトSUVのトップに躍り出た実力

モメンタムはエントリーグレードに位置付けられているが、ドアを開けた瞬間から不満のないモデルであることのファーストインプレッションだ。これまでの常識からすれば、トップグレードと比較して装備を簡素化し、見た目、触感なども簡略したものがエントリーグレードに設定しているケースが多い。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る