【リコール】テスラ「モデルS」のフロントフードのロックに不具合

テスラ・モーター・ジャパンは2022年1月21日、モデルSのフロントトランクのフードロックに不具合があるとしてリコールを届け出た。これは本国からの情報によるリコールが行なわれている。

不具合の内容は、フロントトランクのフード(ボンネット)の第2ラッチの取付部の設計が不適切なため、仕様にあった篏合がされていないものがあるというもの。

そのため、運転者が意図せず第1ラッチを開放した場合、第2ラッチが機能しないことにより、フロントのトランクフードが開放し、ドライバーの視界を妨げるおそれがある。

対策は該当車両の部費の取り付けの検査を行ない、適切な取り付けに修正することになる。

該当車両は2015年5月~2020年7月の間に生産されたモデルSで、合計1352台。

テスラ モデルS 関連記事
テスラ 関連記事
テスラ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る