ルノー・スポール最後のモデル「メガーヌ R.S. ウルティム」初公開

ルノー・ジャポンは2023年1月13日、世界に先駆けて「東京オートサロン 2023」で、ルノーのスポーツモデルの開発やモータースポーツ活動を担ってきたルノー・スポールの名を冠する最後のモデルとなる希少な限定車「メガーヌ R.S. Ultime(ウルティム)」を初公開し、日本に導入することを発表した。

メガーヌ R.S. ウルティムは、ルノー・スポールが設立された1976年にちなみ、全世界で1976台を販売する計画で、日本での販売台数、仕様、価格は正式発表時に公表するとしている。

ルノー・スポールは1976年に設立され、ルノーのスポーツモデルの開発のみならず、F1を始めとするモータースポーツも担当する組織として活動し、ルノーの技術開発、ブランドイメージ向上に大きく貢献してきた。しかし、今後はレース活動、スポーツカーはルノー・グループの新たなスポーツ・ブランドであるアルピーヌに引き継がれることになり、ルノー・スポールはその役割を終えることになったのだ。

ルノー・スポール最後のモデルとなるメガーヌ R.S. ウルティムは、設立された1976年にちなみ、全世界向けに1976台が製造される。コーナリングスピードの向上を目的にロールを抑えたシャシー、トルセンLSD、 前輪アルミ製ハブキャリア/鋳鉄製スリット入りブレーキ・ディスクなどを装備。サーキットでのスポーツ性能を高めたメガーヌ R.S. トロフィーの性能と装備を受継ぎながら、ルーフとボンネットに配されたロザンジュをモチーフとしたブラックマットストライブ、ブラックアウトされたロゴ、ブラックの「フジライト」ホイールの採用によって、スポーティ性を強調したエクステリアとなっている。

インテリアも徹底してスポーツカーらしい仕上げで、レカロ製バケットシートを装備。そしてセンターコンソールには、ルノー・スポールモデルの開発ドライバーで、ニュルブルクリンク市販FF車の最速記録を持つロラン・ウルゴン氏のサイン入りシリアルプレートが装着されている。

一貫してルノー・スポーツの開発テスト・ドライバーを担当してきたロラン・ウルゴン氏は以下のように語っている。

「メガーヌ R.S.は、私の15年におよぶルノー・スポールでの仕事を象徴するモデルです。メガーヌ2 フェーズ2の登場以降、前輪駆動スポーツカーのリーダーであり続けるために、車両の性能を絶えず向上させてきました。ニュルブルクリンクでの最速記録は、忘れられない挑戦であり、情熱、アドレナリン、興奮に満ちたものでした。そして今、メガーヌ R.S. ウルティム…私はこの素晴らしい物語の最後を飾るバージョンにサインできることを特に誇りに思います」

日本に導入される仕様はEDCとMT、販売価格は600万円台中盤が予定されている。

そして、メガーヌ R.S. ウルティムの欧州での発売にともない、メガーヌ R.S.、メガーヌ R.S. トロフィーは生産を終了し、日本でもこれらのモデルの在庫がなくなり次第、販売も終了する。

ルノー メガーヌ 関連記事
ルノー 関連記事
ルノー・ジャポン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る