ルノー「ルーテシア E-TECH HYBRID」発売 25.2㎞/Lの低燃費で329万円〜

ルノー・ジャポンは2022年6月30日、洗練されたボディライン、上位クラスのモデルに匹敵する上質なインテリア、クラス最高レベルの先進運転支援システムが特長のBセグメント・ハッチバック「ルーテシア」に、軽量、コンパクトで幅広い速度域でドライブフィールに優れたハイブリッドシステムE-TECH HYBRID(イーテックハイブリッド)を搭載した 「ルーテシア E-TECH HYBRID」を発売した。

ルノーが開発した独創的なE-TECH HYBRIDシステムは一足先に「アルカナ」に搭載され、このルーテシアが第2弾となる。

ルーテシア E-TECH HYBRIDは、ハイブリッド車のイメージを覆す走りの良さだけでなく、輸入車最高レベルとなる25.2㎞/L(WLTCモード)の低燃費を実現。また車線の維持をアシストするレーンキープアシスト(車線逸脱防止支援)が新たに装備されるなど安全装備も充実されている。その他に、メーカーオプションとして「レザーパック」(レザーシート+前席シートヒーター)を選択でき、クラスの常識を上回る高い質感を実現している。

E-TECH HYBRIDは、メインモーターであるE-モーターとHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)の2モーター、HR16型の1.6L・4気筒自然吸気エンジンを搭載し、そしてこれらを繋ぐ電子制御ドッグクラッチ式マルチモードATトランスミッションで構成されている。従来のハイブリッド・パワートレーンにはないダイレクトでスムーズなドライブフィールと、低燃費を実現ししている。

メインの駆動モーター(E-モーター)の出力は49ps/205Nm、HSG(ハイボルテージスターター& ジェネレーター)は(20ps/50Nm)を発生する。

そして自然吸気のHR16型の1.6Lエンジンはアライアンス・エンジンだがルノーがE-TECH HYBRID用に専用開発し、アトキンソン・サイクルを採用して91ps/144Nmを発生する。システム総合出力は140psとなっている。

コンパクトなハイブリッド・トランスミッションはモーター用に2速、エンジン用に4速ギアを持ち、これらギアを組み合わせた12通りの変速比でモーター、エンジンそれぞれから動力を切れ目なく、効率よく引き出すことができルのが特長で、変速はノンシンクロのドッグクラッチで瞬時に行なわれ、トルク変動ショックを抑えるためにHSGモーターが自動的に作動するようになっている。

このE-TECH HYBRIDは、モーターとエンジンを走行状況に応じて自動的に最もエネルギー効率のよい組み合わせを選択して走行し、燃費の向上、排出ガスの削減を達成するとともに、レスポンスの良い快適な走りが実現している。

発進時は、エンジンを使用せずに低速域で効率の高いモーターのみで走行し、瞬時に力強いトルクを得ることができ、スムーズでレスポンスのよい発進が可能。中速域では、モーターとエンジンを最適に組み合わせることで、素早いレスポンスと息の長い加速が得られる。そして従来のシリーズ・パラレル式、シリーズ式ハイブリッド車が得意ではない高速域では、巡行時には効率の高いエンジンを積極的に使用し、追越し時にはエンジンにモーターのアシストを加えることで、力強い加速を実現し、ハイブリッドであることを意識させない爽快な走りが生み出されている。

動力性能は0-100km/h加速が9.9秒、最高速度は186km/h。

もちろん減速には、減速エネルギーをモーターが回収し、電気に変換して容量1.2kWhのリチウムイオン・バッテリーを充電させる。ギアポジションを「B」にするとエネルギー回生能力が高まるのはいうまでもない。

ルーテシア E-TECH HYBRIDの運転支援システムは、ハイウェイ&トラフィックジャムアシスト(レーンキープアシスト付き)、全車速アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーンセンタリングアシスト、後側方車両検知警報前方車間距離警報などを装備。

その他ではシャークフィン・アンテナ、シフトベース、リヤゲートに「 E-TECH HYBRID」ロゴを配置している。

インテリアは、7インチ・マルチメディア・イージーリンクを装備し、スマートフォンのミラーリングが可能。そのため、Apple CarPlay、Android Autoのカーナビはもちろん、音楽再生、通話機能や、Siri、Googleアシスタントを利用した音声入力での情報取得も簡単にできるようになっている。

また運転モードやインテリア照明をカスタマイズできるルノー・マルチセンスも7インチ。ディスプレイのタッチ操作で可能。運転モードは、Sport、Eco、MySense(個別設定)を選択することができる。

ラゲッジ容量は、ベース車がクラストップの391Lであるのに対し、E-TECH HYBRIDはバッテリーを搭載しているため300Lとなっている。

ルーテシア E-TECH HYBRIDは、存在感のあるデザイン、走りの性能、日常での利便性、燃費経済性などの商品力だけではなく、価格でも日本車と競合できる高い競争力を備えているということができる。

価格

ルノー ルーテシア 関連記事
ルノー 関連記事
ルノー・ジャポン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る