【ロサンゼルスモーターショー】ポルシェ 航続距離500km以上に伸延した「タイカンGTS」の受注開始

ポルシェジャパンは2021年11月17日、タイカンシリーズに新しく加わるグランツーリスモ スポーツモデル「タイカンGTS」の予約受注を開始したと発表した。

「GTS」はグランツーリスモスポーツを意味し、1963年にデビューしたポルシェ904カレラGTS以来、この3文字はポルシェファンにとって特別な意味を持っている。ロサンゼルスモーターショー(2021年11月19日~28日)で、ポルシェはGTSの頭文字が付いたフル電動スポーツカー「タイカン」の新たなバリエーションのワールドプレミア行なった。

最大504kmの航続距離(ヨーロッパWLTPモード)というこの新しいスポーツモデルは、航続距離500kmの壁を破った最初のタイカンとなる。またこのタイカンGTSの登場により、現在ポルシェの全モデルレンジにこのGTSモデルがラインアップしたことになる。

タイカンGTSは、タイカンシリーズのスポーティーなオールラウンダーと位置づけられ、ローンチコントロールの使用時には、440kW(598ps)のオーバーブーストパワーを発生し、0-100km/h加速は3.7秒以内で最高速度は250km/hに達する。

GTSはタイカンシリーズの最新モデルで、より改良された効率的な電気駆動制御システムを備え、タイカンの他のモデルも2022年MYからこのアップデートが適用され、実用面では航続距離が延長されている。

GTSはポルシェ アクティブサスペンションマネジメント(PASM)を含むアダプティブ エアサスペンションを装備し、コーナリング時のダイナミクスを高めるためGTS用に最適化されている。

オプションのリヤアクスル ステアリングのセッティングもさらにスポーティに。また変更されたポルシェ エレクトリックスポーツサウンドの豊かなサウンドパターンは、新しいGTSモデルを引き立てる特長の一つだ。

エクステリアは、GTS特有のフロントエプロン、エクステリア ミラーベース、サイドウインドウトリムなど、多数のブラックまたはダークカラーの仕上げとなっている。インテリアは、ブラックRace-Texの装備が標準装備され、ブラッシュアルミニウム インテリアパッケージと合わせエレガントでダイナミックな雰囲気となっている。

タイカンGTSの新しいオプションとして、サンシャインコントロール付パノラミックルーフが新設定されている。このルーフは、電気的に切り替え可能な液晶フィルムによって透明からマットに変わり、車内を暗くすることなく乗員をまぶしさから保護。9つのセグメントに分割されたルーフは個別に切り替えることが可能で、このシステムは自動車業界で世界初のシステムである。

価格

ポルシェ タイカン 関連情報
ポルシェ 関連情報
ポルシェ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る