ポルシェ 電気駆動のスポーツカー「タイカン プロトタイプ」

ポルシェAGは2019年7月2日に、同社初となるフル電動スポーツカー「タイカン」のプロトタイプのデモ走行を、中国、イギリス、アメリカで実施すると発表した。このデモランはまず最初に中国の「ポルシェ・エクスペリエンスセンター(PEC)上海」のハンドリングコースで行なわれる。

ポルシェ 電気駆動のスポーツカー「タイカン プロトタイプ」

カモフラージュされたポルシェ初のフル電動スポーツカー、「タイカン プロトタイプ」は、ポルシェの重要な販売市場である中国、イギリス、アメリカの3ヶ国を3週間に渡って移動し、それぞれの国でデモランを行なう。タイカンのルーフには、各ホスト国への敬意を表したカラーリングが施される。上海では龍の絵が描かれ、ポルシェ・カレラカップ・アジアのドライバーであるリー・チャオがステアリングを握る。

ポルシェ 電気駆動のスポーツカー「タイカン プロトタイプ」

「タイカンの開発における明確な目標が、ポルシェならではの高性能であることは、運転を開始した直後から感じ取ることができました」と、リー・チャオは述べている。彼は特にハンドリングに感銘を受けてたという。

「ニュータイカンのシャシーは、妥協のないスポーツ性能から驚くほどの快適性まで、広い範囲をカバーし、スポーツカーの正確なハンドリングとサルーンの長距離走行の快適性を見事に兼ね備えます。低い重心に加えて、リヤアクスル・ステアリングも重要な役割を果たしています。タイカンのコーナーリングは、ダイレクトでグリップも強力です」とリー・チャオは語る。タイカンの最高速度は250k/hを超え、電気自動車としては最高速度を誇る。0-100km/hの加速タイムは3.5秒以内で、12秒以内で200km/hに達する。

ポルシェのデモランは、上海以外にグッドウッドフェスティバル of スピードのヒルクライムレース(7月4日〜7日)と、FIAフォーミュラE選手権のシーズン最終戦(7月13日〜14日:ニューヨーク)でも行なわれる。グッドウッドでステアリングを握るのはマーク・ウェバー、ニューヨークではニール・ジャニがステアリングを握る。

ポルシェ 電気駆動のスポーツカー「タイカン プロトタイプ」

タイカンは、2019年9月に行なわれるワールドプレミア前に、約600万kmにもおよぶテスト走行を完了する計画だ。あらゆる気候条件において何ら制限のない日常の使いやすさを実証するため、タイカンはバッテリーの充電、極端な条件下でのドライブトレーンと車内の温度制御など、厳しい課題をクリアするためにテストを重ねている。

ポルシェ タイカン 関連記事
ポルシェ 関連記事
ポルシェ・ジャパン 公式サイト
ポルシェAG 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る