ポルシェ「911ダカール」2500台限定販売 パリダカ優勝車を再現した仕様も

ポルシェジャパンは2022年11月17日、公道と同様にオフロードでの高い走行性能も併せ持つ新型「ポルシェ911ダカール」の予約受注を開始した。「911ダカール」はロサンゼルスオートショーでワールドプレミアが行なわれ、全世界で2500台限定販売されるという特別で希少なモデルだ。

この限定モデルは、911のコンセプトが持つ無限大の可能性を示すとともに、1984年パリ-ダカールラリーにおいてポルシェ初の総合優勝したことも思い起こさせる。1984年の記念すべき勝利は、911の4輪駆動モデルの誕生も意味している。そのため今回の911ダカールには、アイコニックな優勝車を彷彿とさせるラリーデザインパッケージもオプションで用意されている。

911ダカールの最初に目を引くディテールは、911カレラのスポーツ・サスペンション仕様車を50mm上回る高い車高だ。さらに標準装備されるリフトシステムによりフロントとリヤをさらに30mm高めることが可能だ。この車高とランプ角は、従来のSUVに匹敵している。

リフトシステムは、単に低速走行時に障害物を乗り越えるために設計されているだけではなく、専用チューニングされたサスペンションと一体化されており、170km/h以下の高速でも「ハイレベル」設定を利用してオフロード走行を楽しむことができるのだ。速度が170km/hを超えると、車高は自動的に通常の位置まで下がるようになっている。

高速でのオフロード走行に適合するよう、911ダカールの標準装備のオールテレイン・タイヤは専用開発されたピレリ スコーピオン All Terrain Plusタイヤ(フロント245/45 ZR 19、リヤ295/40 ZR 20)を装着している。トレッドパターンの溝深さは9mmで、補強されたサイドウォールとトレッドは2層の高強度カーカスプライで構成されている。これにより、ポルシェ911ダカールのタイヤは、高い耐カット性を備え、難易度の高い地形でも走行できるのだ。さらに一般公道でもスポーツカーの走りを可能にしている。なおピレリ P Zeroのサマータイヤとウインタータイヤにも2層のカーカスプライを備えた専用仕様がオプション設定されている。

パワーユニットは3.0Lの水平対向6気筒ツインターボ・エンジンを搭載。最高出力480ps、最大トルク570Nmを発生し、魅力的なボクサーサウンドも実現している。0-100km/h加速は3.4秒で、最高速度はオールテレイン・タイヤのため240km/hに制限されている。

8速PDKトランスミッションとポルシェ4WDシステムが採用された911ダカールには、リヤ・アクスルステアリング、911 GT3から採用されたエンジンマウント、PDCCアンチロールスタビリティシステムも標準装備されている。

すべてのコンポーネントの統合制御により、砂地や緩い地面でもニュルブルクリンクのノルドシュライフェと同じようにダイナミックに走行することができる。また、ステアリングホイールのロータリースイッチで選択可能な2つの新しいドライビングモードも、オフロード性能の最大化に寄与している。

ラリーモードは、起伏のある緩い地面に最適なモードで、リヤ駆動力重視の4WD特性だ。オフロードモードにすると、車高が自動的に上昇。このモードは、難易度の高い地形や砂地でトラクションを最大限に引き出すことができる。また、両方のドライビングモードに、ラリーローンチコントロールも使用可能だ。このローンチコントロールでは約20%のホイールの空転を許容し、緩い地面でも抜群の加速を可能にする。

911ダカールならではの特徴的な追加装備として、新開発のCFRP製の固定式軽量リヤスポイラーと、911 GT3から採用されたエアアウトレットが一体化されたCFRP製フロント・ラゲッジコンパートメントリッドが用意されている。

フロントとリヤのレッドのアルミニウム製けん引バー、ワイドなフェンダーとサイドシル、フロント、リヤ、サイドシルのステンレススチール製保護エレメントなど、オフロード用パーツは標準装備となっている。

さらに、専用設計されたフロントのサイド・エアインテークは、ステンレススチール製グリルによって飛石から保護されている。ルーフには、オプションとして照明ライト付きのルーフバスケットが設定されている。42kgの耐荷重を備えたこのキャリアには、燃料や水筒、折りたたみ式シャベル、トラクションボードなどのラリー装備を問題なく積載することができる。ただし、ルーフバスケットに装着されたライトは一般公道での使用は禁止されている。この他に911ダカールにはルーフテントもオプション設定されている。

インテリアにはフルバケットシートを標準装備し、リヤシートを取り除くことで、より本格的なスポーツカーであることを示している。軽量ガラスと軽量バッテリーにより、911ダカールの車両重量は911カレラ4 GTS(PDK仕様)よりわずかに10kg重い、1605kgとなっている。

911ダカールのインテリアの大きな特徴は、シェイドグリーンのデコレーティブステッチを施した標準装備のRace-Texトリム仕上げだ。なおエクステリアのメタリック仕上げのカラーリングも911ダカール専用となっている。

オプション設定されているラリーデザインパッケージは、ホワイト/ジェンシャンブルーメタリックのツートンカラー仕上げが基本となる。このツートンカラー塗装とラッピングの組み合わせは、ポルシェとしては初採用だ。ラリーデザインパッケージの価格は433万7000円となっている。車両のサイドには、1から999までのレースナンバーを選択することが可能だ。

1984年パリ-ダカールラリーの優勝車の外観を再現した911ダカールのラリーデザインパッケージ仕様車は、レッドとゴールドのデコレーティブ・ストライプに加えてドアに“Roughroads”のロゴがあしらわれる。このロゴは登録商標され、911ダカールのコンセプトとオフロード性能を表している。この他にロールオーバーバー、6点式シートベルトを備えたラリースポーツパッケージもオプション設定されている。

価格

ポルシェ 911 関連情報
ポルシェ 関連情報
ポルシェ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る